20日 台風は沖縄へ近づく 前線の活動は活発に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 台風は沖縄へ近づく 前線の活動は活発に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう20日(金)は、宮古島の南東にある大型の台風17号が北上中。3連休初日のあす21日(土)にかけて、沖縄へ最も接近する。沖縄は大雨、暴風、高波に警戒。また、台風の北上に伴って、秋雨前線の活動が活発になり、九州南部ではあさって22日(日)にかけて大雨のおそれ。

台風と前線 3連休は本州に影響

きょう20日(金)の午前3時現在は、大型の台風17号は宮古島の南東の海上を北上しています。このあとも台風は発達しながら北上して、あす21日(土)の朝から昼前にかけて沖縄に最も接近する見込みです。その後は東シナ海を北上し、あさって22日(日)には九州を中心とした西日本に接近するでしょう。その後は日本海を北東に進み、23日(月:秋分の日)から24日(火)に北陸や北日本に接近するおそれがあります。また、台風の北上に伴って前線も北上し、3連休は本州付近で活動が活発になるでしょう。

沖縄と九州南部 荒れた天気へ

沖縄
【雨】きょう20日(金)は、台風周辺の雨雲がかかり、激しい雨の降る所があるでしょう。特に、あす21日(土)は、局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。土砂災害などに警戒してください。
【波】きょう20日(金)はうねりを伴った大しけとなり、あす21日(土)は猛烈なしけとなる見込みです。
【風】きょう20日(金)は非常に強い風が吹き、あす21日(土)は暴風が吹き荒れるでしょう。高波や暴風に警戒が必要です。
九州南部
きょう20日(金)の夜からあさって22日(日)にかけて、大しけや大雨になるおそれがあります。前線の活動が活発になり、また、台風周辺の発達した雨雲がかかってくるでしょう。高波や土砂災害に警戒してください。

きょう 天気は下り坂 貴重な日差し

【天気】
九州北部や四国から東北にかけては、午前を中心に晴れ間があるでしょう。午後はだんだん雲が増え、九州北部から東海は雨雲のかかる所がありそうです。先日、台風15号の被害を受けた伊豆諸島でも、前線の影響で断続的に雨が降り、局地的にカミナリを伴って激しい雨が降るでしょう。
北海道は上空の寒気の影響で、大気の不安定な状態が続きそうです。日差しがありますが、所々で雨や雷雨があるでしょう。
【気温】
日中の最高気温は、平年並みか低い所が多いでしょう。特に、九州や四国、中国、北海道では10月上旬から10月中旬並みの所もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい