19日 南では今夜までに台風発生か 北の山では雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 南では今夜までに台風発生か 北の山では雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう(19日)は九州から東北はカラッと秋晴れの一方で、北海道の標高の高い山々では雪が降る可能性が。また沖縄の南の熱帯低気圧は今夜までに台風に発達する見込みです。

カラッと秋晴れ 北海道の山では雪に

きょう(19日)は、秋雨前線はやや南に下がり、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。九州から東北南部にかけて晴れる所が多い見込みです。空気が入れ替わり、カラッとした秋晴れになる所が多いでしょう。台風15号で被害を受けた千葉県もきょう(19日)は雨から一転して日中は晴れる見込みです。復旧作業は天気を気にすることなく進められそうです。ただ、日差しが強いので、紫外線にはお気を付けください。北海道は太平洋側は大体晴れますが、日本海側では断続的に雨が降り、雷を伴う所がありそうです。北海道の上空にはこの秋初めての強い寒気が流れ込むため、北海道の標高2000メートル級の山では雪が降る可能性があります。雪の便りも届くかもしれません。

熱帯低気圧 今夜までに台風に

一方、沖縄の南には熱帯低気圧があって、ゆっくりと北東に進んでいます。沖縄周辺では熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、夕方から雨や雷雨となりそうです。この熱帯低気圧は今夜には台風にまで発達する見込みです。沖縄では強い風が吹いて、波は高くなりますので、海のレジャーなどはお気をつけください。

最高気温 関東などカラッと過ごしやすい

今朝の最低気温はこの秋、一番低くなった所が多くなりました。都心もひんやりした朝で、午前6時までに17.1度まで下がりました。都心で最低気温が17度台まで下がったのは、およそ2カ月ぶりのことです。日中の最高気温はきのうと同じくらいか高い所が多いでしょう。九州から東海にかけて30度くらいまで上がる所もありますが、関東は30度に届かない所がほとんどでしょう。千葉県では25度から27度くらいの所が多く、空気はカラッとしてこれまでのような蒸し暑さはおさまり、復旧作業もはかどりそうです。一方、北海道は気温もこれまでよりグッと下がり、日中でも20度に届かないところが多い予想です。気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい