16日 千葉や茨城で非常に激しい雨 熱中症にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 千葉や茨城で非常に激しい雨 熱中症にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


16日(月)は、関東では北風が強めに吹き、激しい雨や雷雨。千葉県や茨城県では午前中を中心に非常に激しい雨。最高気温は東海で35度予想も。千葉では28度前後。熱中症にも注意。

低気圧 関東の東を通って三陸沖へ

16日(月)は、関東の南にある低気圧は、北東へ進み、夜にかけて三陸沖を北上する見込みです。北海道付近には、上空の気圧の谷が近づくでしょう。大陸から本州付近に高気圧が張り出してくる見込みです。

きょうの天気 関東~北海道

関東には雨雲がかかっており、局地的に発達しています。千葉県船橋市では、明け方に1時間に19.5ミリのやや強い雨を観測しています。この雨雲は、次第に北へ広がるでしょう。関東では、北風がやや強く吹き、午前中を中心にカミナリを伴って、雨が降る見込みです。局地的に激しく降り、千葉県や茨城県では、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所があるでしょう。1時間に50ミリ以上の雨が降ると、水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、車の運転が危険な場合があります。一気に道路が冠水したり、側溝があふれたりすることもありますので、ご注意下さい。雨は、午後は次第に止む所がありますが、千葉県や茨城県では日中いっぱい降り続く見込みです。大雨の恐がありますので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。発達した積乱雲の下では、竜巻などの激しい突風や雹(ひょう)が降ることがありますので、注意が必要です。
東北も、南部の太平洋側を中心に雨が降る見込みです。雨のピークは昼前後で、福島県では、局地的にカミナリが鳴り、激しい雨が降るでしょう。
北海道は、雲に覆われて、昼頃からあちらこちらで雨や雷雨がある見込みです。

きょうの天気 北陸・東海~九州・沖縄

北陸や東海から中国地方、四国にかけては、日本海側を中心に雲が広がり、一時的に雨が降る所があるでしょう。太平洋側では、晴れる時間が長い見込みです。
九州と沖縄は青空が広がるでしょう。

きょうの予想気温 夏の空気に覆われる 関東や東海では夜も熱中症に注意

16日(月)は、上空1500メートル付近では、気温15度以上の暖気が、東北付近まで覆っています。8月並みの暖気です。
最高気温は、沖縄は30度前後の予想です。九州から北陸、東海では、太平洋側で34度前後の所が多く、きのう(15日)と同じくらいの見込みです。特に東海では名古屋や静岡、岐阜で35度の予想で、猛烈な暑さが続きます。日本海側では29度から31度くらいの所が多く、きのうと同じくらいでしょう。
関東は27度から30度くらいで、きのうよりやや低くなる所がある見込みです。東北は26度から27度の所が多く、きのうより3度ほど低くなる予想です。北海道は太平洋側やオホーツク海側で、20度から22度くらい、日本海側で25度前後の見込みです。
夜は、次第に夏の空気は東へ退くでしょう。夜の気温は、北海道は、内陸で15度を下回る見込みです。東北から九州でも、内陸を中心に20度を下回るでしょう。関東や東海では、24度くらいまでしか下がらない所が多い見込みです。千葉県でも夜からあす(17日)朝にかけて気温は24度前後で経過する見込みです。夜でも熱中症に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい