三連休 日曜から「大雨のもと」暖湿気が本州へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三連休 日曜から「大雨のもと」暖湿気が本州へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


14日(土)は晴れ間がでる所が多いが、油断禁物。15日(日)から大雨の恐れ。非常に暖かく湿った空気が流れ込み、16日(月)敬老の日にかけて近畿から東北に発達した雨雲がかかる見込み。

14日(土) 広く晴れ間あり

14日(土)は、本州付近は日本の東に中心をもつ高気圧に覆われて、晴れ間がでる所が多い見込みです。ただ、関東や東海、近畿の太平洋側から九州、沖縄にかけては、東から湿った空気が流れ込むため、にわか雨の所があり、九州の太平洋側では雨雲がかかりやすいでしょう。北海道も夜は、上空の気圧の谷の影響で雨が降る所がある見込みです。

15日(日)~16日(月)敬老の日 非常に暖かく湿った空気 本州へ

15日(日)は、関東付近に南東から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。さらに16日(月)は、本州の広い範囲に南から非常に暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
15日は、関東や東北の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかる見込みです。房総半島の南東斜面では大雨の恐れがあり、台風15号による被害の復旧作業が行われている千葉県で雨の降り方に注意が必要です。tenki.jpでは15時間先までの雨雲の予想を見ることができます。ボランティアなどで被害の後片付けに向かう方は、停電などで情報を得ることが難しい方へ気象情報も届けて下さい。
北海道も前線の通過で、雨が降るでしょう。
16日は、四国、中国地方から北海道の太平洋側にかけて、広く発達した雨雲がかかる見込みです。近畿や東海では、特に雨雲が発達します。局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。河川が一気に増水したり、側溝があふれる恐れがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい