四国 9月とは思えぬ季節外れの猛暑

2019/09/11 17:01

メイン画像
メイン画像
きょうの四国地方は、日本海にある前線に向かって太平洋高気圧からの暖かく湿った空気が流れ込み、猛烈な暑さとなりました。特に、香川県高松市では最高気温が35度8分、愛媛県の大洲市で35度ちょうど、高知県四万十市江川崎で35度5分など9月とは思えないような厳しい残暑に見舞われました。 高松 9月としては19年ぶりの2日連続猛暑日 高松市の午後3時までの最高気温35度8分は、9月中旬以降では観測史上最高となります。また、高松市ではきのうも最高気温が35度5分を観測しており、9月としては19年ぶりに2日連続の猛暑日となりました。 今後の気温予想
画像B
画像B
この先は、きのうきょうのような猛烈な暑さは影を潜めますが、最高気温はまだしばらくは平年を上回る日が多い見込みです。秋の涼しさを感じることが出来るのはもう少し先になりますので、引き続き体調管理には注意してください。 ※記事の一部を修正しました。

あわせて読みたい

  • 日本海側中心に35℃以上 山形市など9月で初の2日連続猛暑日

    日本海側中心に35℃以上 山形市など9月で初の2日連続猛暑日

    tenki.jp

    9/8

    記録的な暑さ きょうの振り返り(全国)

    記録的な暑さ きょうの振り返り(全国)

    tenki.jp

    5/26

  • 焼けつくような暑さ 東京は今年一番

    焼けつくような暑さ 東京は今年一番

    tenki.jp

    8/6

    西は炎暑続くも 関東は猛暑日ほとんどなし

    西は炎暑続くも 関東は猛暑日ほとんどなし

    tenki.jp

    7/25

  • 9月に猛暑日 和歌山で9年ぶり 大阪では2日連続

    9月に猛暑日 和歌山で9年ぶり 大阪では2日連続

    tenki.jp

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す