台風15号 関東は8日夜から9日早朝に猛烈な風か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風15号 関東は8日夜から9日早朝に猛烈な風か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


関東では最大瞬間風速50メートルが予想され、猛烈な風が吹く恐れ。荒天ピークは8日(日)夜から9日(月)の早朝。

台風15号の特徴 風、波、雨はどんな強さになるのか

台風15号は暴風域を伴って8日(日)の夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近、上陸する恐れがあります。
※暴風域とは台風の周辺で風速25メートル以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域のことです。
【関東の荒天ピークの時間帯】
8日(日)の夜から9日(月)の早朝
※9日(月)の通勤・通学時間が早朝に重なる方は、荒天の中での通勤・通学となる可能性があります。交通機関への影響も心配されます。こまめに最新の情報を確認して、気をつけてお出かけ下さい。
【特徴】
コンパクトで雲域が比較的、小さい
※荒天の時間は長くはないものの、台風が接近すると急に風が強まり、波が高くなる恐れがあります。
【どんな風の吹き方になるのか~予想される風の強さ~】
8日(日)にかけて予想されている風の強さは
最大風速が35メートル、最大瞬間風速が50メートル
※平均的に風速35メートルの風が吹くと予想されていますが、これは多くの樹木が根こそぎ倒れたり、電柱や街灯が倒れたりすることがあるほどの風の強さです。また、瞬間的には50メートルの猛烈な風が吹くと予想され、大型のトラックでさえ走行中に横転してしまうほどの猛烈な風です。屋外での行動は極めて危険です。
【どんな波が打ち寄せるのか~予想される波の高さ~】
8日(日)にかけて予想される波の高さは
8メートルでウネリを伴う
※波しぶきが護岸設備を越えて海沿いの道路に押し寄せ、冠水して通行が危険になったり、高波で海岸の砂利が押し上げられ、通行が困難になったりすることがあるため、通行止めや速度規制などの交通情報は早め&こまめに確認し、安全に行動できるうちに避難(移動)しましょう。
【どんな雨の降り方になるのか~予想される雨の強さや雨の量】
8日(日)の夕方から予想される雨の強さは
雷を伴って1時間に30ミリ以上、局地的には1時間に50ミリ以上
※1時間に30ミリ以上バケツをひっくり返したような激しい降り方で、傘をさしても濡れてしまうほど、道路が川のようになるほどです。さらに、1時間に50ミリ以上になると、ゴーゴーと滝のように非常に激しい降り方で、水しぶきで視界が悪化するほどです。車の運転は危険になります。
8日(日)の午前6時までの予想される24時間降水量は
いずれも多い所で30ミリ
その後、9日(月)の午前6時までの予想される24時間降水量は
いずれも多い所で200ミリから300ミリ
※荒天ピークの時間帯が8日(日)の夜から9日(月)の早朝であることを考慮すると、ちょうどピークの時間帯に多い所で総雨量が300ミリ前後になると予想されます。崖崩れや山崩れなどの土砂災害が発生しやすくなり、河川では大きな河川でも増水して氾濫の危険性が増します。道路では排水が間に合わず一気に冠水してしまうこともあります。
※なお、風の強さ、雨の強さの指標に関しては添付した図を参考になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい