6日 台風13号は北上 猛暑 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 台風13号は北上 猛暑

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう6日(金)は、非常に強い台風13号は、あす7日(土)にかけて東シナ海を北上。沖縄地方ではきょう6日(金)昼前まで、九州北部地方ではきょう6日(金)夜遅くからあす7日(土)にかけて大荒れの天気。高波や高潮に厳重に警戒し、暴風や大雨に警戒が必要。また、台風が持ち込む熱帯の空気が山越えとなる所で猛暑日に。

台風13号の影響 大雨

非常に強い台風13号は、久米島の西を1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます(3時現在)。中心の気圧は940hP、中心付近の最大風速は45メートル、最大週間風速は65メートルになっています。台風13号は、暴風域を伴いながら、あす7日(土)にかけて東シナ海を北上し、朝鮮半島に進んだ後、あさって8日(日)には中国大陸で温帯低気圧に変わる見込みです。
【予想される雨の量(7日午前6時までの24時間)多い所で】
九州南部 200ミリ
九州北部地方、奄美地方、四国地方 150ミリ
沖縄地方 120ミリ
東海地方で100ミリ
【予想される雨の量(8日午前6時までの24時間)多い所で】
四国地方 200~300ミリ
九州北部地方 100~200ミリ
沖縄地方、九州南部、東海地方 100~150ミリ
奄美地方 50~100ミリ

台風13号の影響 波と風

沖縄本島地方と先島諸島では、非常に強い風が吹いています。沖縄本島地方の渡嘉敷村では、最大週間風速32.2メートル(午前0時6分)が観測されています。
【予想される最大風速(最大瞬間風速) 6日】
沖縄地方 25メートル(35メートル)
九州北部地方 20メートル(30メートル)
【予想される波の高さ 6日】
沖縄地方 9メートル
九州北部 7メートル
奄美地方 6メートル
九州南部 5メートル

きょうの天気

南西諸島、西日本から東日本の太平洋側には、台風周辺の湿った空気が流れ込むため、あす7日(土)にかけて局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。特に、九州では台風周辺の雨雲がかかるため、雨の量が多くなるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水などに注意してください。
中国地方、近畿や関東、北陸、東北では晴れ間がありますが、午後はあちらこちらで、にわか雨や雷雨がありそうです。
北海道では秋雨前線の影響で雨が降りやすいでしょう。局地的にカミナリを伴って、激しく降りそうです。

9月なのに猛烈な暑さ

台風が持ち込んだ熱帯の空気が山越えとなる所を中心に、日中は気温が上がります。中国地方や近畿から東北にかけて34度前後まで上がる所が多く、35度を超える所があるでしょう。何度か涼しさを体験しただけに、この猛烈な暑さは身に堪えます。こまめな水分補給だけでなく、暑さを避けるなど、熱中症対策を取りましょう。体をゆっくりと休めることも必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい