九州 台風13号による高波に警戒 激しい雨も

tenki.jp

非常に強い台風13号は、きょう5日(木)は先島諸島に最接近した後、あす6日(金)は東シナ海を北上する見込みです。九州の東シナ海側は大しけとなる所があり、うねりを伴った高波に警戒が必要です。また、台風周辺の湿った空気が流れ込み、九州の太平洋側や長崎県五島地方は、雨量が多くなる恐れもあります。

あす6日(金)から7日(土) 高波に警戒

非常に強い台風13号は、きょう5日(木)は先島諸島に最接近した後、あす6日(金)は東シナ海を北上する見込みです。今後も台風13号は海水温が高い海域を進むため、非常に強い勢力を保ったまま北上するでしょう。九州の外海は次第に波が高まり、あす6日(金)から7日(土) は長崎県の五島地方と壱岐・対馬で最大6メートルから7メートルの大しけとなる見込みです。うねりを伴った高波に警戒してください。

九州太平洋側と五島地方 雨量多くなる恐れ

台風周辺の湿った空気が流れ込み、九州の太平洋側は7日(土)にかけて長時間雨が降りやすく、雨量が多くなる所もある見込みです。また、長崎県五島地方は7日(土)を中心に雨雲が発達し、激しい雨が降る恐れがあります。警報級の大雨となる恐れもあるため、今後も最新の気象情報を確認してください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック