台風13号と台風のたまご 今後の影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風13号と台風のたまご 今後の影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E

画像F

画像F


強い台風13号の影響で、宮古島地方では5日から6日にかけて長時間暴風となるおそれがあります。また、先島諸島や沖縄本島地方では、今後の台風の進路次第では警報級の大雨となる可能性もあります。
一方、南の海上の熱帯低気圧が日本列島に近づく可能性もあるため、この動向にも注意が必要です。

台風13号 宮古島地方は長時間暴風のおそれ

4日午後0時現在、強い台風13号は、石垣島の南約220キロをゆっくしりた速さでで北東へ進んでいます。
中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルです。
中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の南東側280キロ以内と北西側190キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風13号は、発達しながら北上し、5日夕方から夜のはじめ頃にかけて、先島諸島に接近する見込みです。また、5日夜から6日にかけては、沖縄本島地方にも接近すると予想されています。
台風の接近にともない、これらの地域では暴風や高波、大雨などに警戒が必要です。沖縄県宮古島市の下地島空港では、4日午前8時22分に最大瞬間風速20.1メートルを観測するなど、先島諸島では次第に風が強まっています。今後さらに風が強まり、あす5日は暴風となるでしょう。
とくに宮古島地方では、5日から6日にかけて長時間暴風となる可能性があります。沖縄本島地方も、5日から6日かけて、台風の進路次第では暴風となるおそれもありますので、注意・警戒してください。また、先島諸島では4日夜のはじめころから大しけとなり、とくに宮古島地方では、5日は猛烈なしけとなるでしょう。沖縄本島地方でも、5日以降大しけとなる見込みです。
周辺の海域では、うねりを伴う高波に厳重に警戒してください。

台風の進路によっては警報級の大雨に

先島諸島では、5日にかけて、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降ると予想されています。
台風の進路によっては、先島諸島では4日夜から6日にかけて、沖縄本島地方では6日に、警報級の大雨となるおそれもあります。また、九州や四国地方でも、6日から7日頃にかけて荒れた天気となる可能性もあるため、今後の情報に十分注意してください。

南の海上から熱帯低気圧が接近

また、4日午前10時現在、南鳥島近海に台風のたまごとも言える熱帯低気圧があります。時速15キロの速さで西北西に進んでおり、次第に日本列島に近づくと予想されています。きのうまでの予想に比べて、太平洋高気圧の勢力がやや強まるなど、まだ予測に不確実性がみられ、この熱帯低気圧の進路や発達具合も正確に予想できません。ですが、週明けの日本列島に影響をもたらす可能性がまだあるため、今後の動向に引き続き注意が必要です。
※2019年9月4日 14:00 地名に誤りがあったため、修正しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい