4日 台風13号北上で沖縄は強風 九州~東海は雷雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4日 台風13号北上で沖縄は強風 九州~東海は雷雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


4日(水)は、強い台風13号は石垣島の南を発達しながら北上。沖縄は風が強まる。九州から東海は、午後は急な激しい雨や雷雨。関東は雲に覆われて、気温の上がり方が鈍い。

強い台風13号北上 先島諸島で非常に強い風

4日(水)、強い台風13号は、午前3時現在、石垣島の南を時速15キロで北へ進んでいます。中心の気圧は980ヘクトパスカルです。今後も海面水温30度前後の所をゆっくり北上し、発達する見込みです。
先島諸島では、東風が強まり、未明に八重山地方や宮古島地方で、最大瞬間風速15メートル以上を観測している所があります。風は更に強まるでしょう。予想される最大瞬間風速は、八重山地方と宮古島地方30メートル、沖縄本島地方25メートルと、風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るほどです。
沖縄には、雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。八重山地方では、雨が激しく降る所がある見込みです。
強い台風13号は、発達しながら北上し、5日夕方から夜のはじめ頃にかけて先島諸島にかなり接近し、沖縄本島地方にも5日夜から6日にかけて接近する見込みです。台風の動きは遅く、長い時間にわたって暴風に警戒が必要です。

九州~東海 午後は広く大気の状態が不安定

4日(水)、北日本付近に中心を持つ高気圧は、北海道の南東海上に中心を移すでしょう。本州付近に延びる秋雨前線は北上する見込みで、前線に向かって南東から湿った空気が流れ込むでしょう。九州から東海、北陸、甲信では、午後は大気の状態が不安定になるでしょう。

きょうの天気 九州~北海道 長崎県五島は土砂災害に厳重に警戒

長崎県五島市付近で午前3時50分までの1時間に解析雨量で約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。長崎県北部や五島では、朝まで激しい雨が降り、局地的に1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るでしょう。五島では、昼前まで土砂災害に厳重に警戒して下さい。
九州、四国、中国地方、近畿、東海は、変わりやすい天気です。晴れ間がありますが、午後を中心に急にカミナリが鳴り、雨が降る所がある見込みです。局地的に激しい雨が降り、道路が冠水するようなことがあるでしょう。特に、雨雲やカミナリ雲が発達しやすいのは、九州北部の山沿いや東海です。滝のような雨が降る所があるでしょう。
北陸は、雨が降ったり止んだりで、午後を中心にカミナリが鳴り、雨が激しく降る所がある見込みです。
関東は雲に覆われて、所々で、にわか雨があるでしょう。強く降ることはない見込みです。
東北は、北部を中心に晴れ間が出るでしょう。南部では、午前中を中心に雨雲がかかる見込みです。北海道は、晴れるでしょう。

きょうの最高気温

最高気温は、沖縄、九州から東海は、32度前後の所が多い予想で、きのう(3日)と同じくらいか2度ほど低くなる所が多いでしょう。北陸は、27度から30度くらいの所が多い予想です。新潟県ではきのうより5度ほど高くなるでしょう。
関東は25度前後の所が多い予想です。朝からあまり上がらず、きのうより3度くらい低くなる見込みです。9月下旬並みの所が多いでしょう。
東北は、25度から26度くらいの所が多いですが、秋田県や岩手県ではきのうより5度くらい高くなり、30度くらいとなる所がある予想です。北海道は、26度前後の所が多く、太平洋側は22度くらいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい