台風続々 13号・14号にたまごも 列島への影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風続々 13号・14号にたまごも 列島への影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


台風13号は、5日(木)朝から夕方にかけて宮古島や石垣島など先島諸島にかなり接近するでしょう。台風14号も発生したほか、南の海上には台風のたまごといえる熱帯低気圧もあります。

台風13号 先島諸島は大荒れ

台風13号は5日(木)朝から夕方にかけて宮古島や石垣島など先島諸島にかなり接近するでしょう。先島諸島では4日(水)夜遅くから5日(木)にかけて暴風が吹き荒れそうです。予想される4日(水)の最大風速は宮古島地方で25メートル、八重山地方で23メートル、最大瞬間風速は宮古島地方、八重山地方ともに35メートルです。走行中のトラックが横転してしまうほどの暴風が吹き荒れることもあるでしょう。また、発達した雨雲がかかり、激しい雨の降る所もある見込みです。低い土地の浸水や河川の増水に注意が必要です。海上では4日(水)昼過ぎから大しけとなり、5日(木)は猛烈なしけとなるでしょう。海岸付近には近づかないようにして下さい。
沖縄本島地方でも台風の進路によっては5日(木)から6日(金)にかけて暴風となる恐れがあります。海上では5日(木)は大しけとなりますので、警戒が必要です。
台風13号はその後、予報円の中心を進めば東シナ海から朝鮮半島付近を北上する予想です。九州の西の海上では6日(金)から7日(土)頃は大しけとなる恐れがあります。また、台風が予報円の東側に進路をとると九州でも雨や風が強まり荒れた天気となる恐れもあります。最新の情報に注意が必要です。

台風14号発生 台風のたまごも

きょう(3日)午前3時には、ベトナム沖のトンキン湾で台風14号が発生しました。今後、台風14号は南シナ海をゆっくり東よりに進む見通しです。複雑な動きをして、台湾付近を進み、8日(日)頃に東シナ海まで進んでくる可能性があり、今後の動向に注意して下さい。
そのほか、南の海上には台風のたまごともいえる熱帯低気圧があります。海面水温の高い領域(28度以上)を進み、今後、台風に発達する可能性も十分にあります。
本州付近に太平洋高気圧がしっかりと張り出している場合は台風や熱帯低気圧は列島に近づきにくくなりますが、8日(日)から9日(月)頃は太平洋高気圧の勢力が後退する予想です。台風や熱帯低気圧が本州にも近づきやすくなる恐れがあります。日本や海外のモデルで本州に近づく予想となっているものが複数あり、今後の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい