週間 「台風の動向」と「真夏のような暑さ」に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 「台風の動向」と「真夏のような暑さ」に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


台風13号は4日(水)から5日(木)にかけて、先島諸島にかなり接近し、6日(金)は強い勢力で東シナ海を北上。日本列島は真夏の空気に覆われて、広く厳しい残暑が続く。

台風13号 4日(水)から5日(木)に先島諸島へ接近の恐れ

台風13号は、沖縄の南を北上する見込みです。沖縄近海の海面水温は30度前後と、平年より高めで、台風は今後も発達する予想です。台風は今後風速25メートル以上の暴風域を伴って、4日(水)夜遅くから5日(木)にかけて、先島諸島にかなり接近する恐れがあります。先島諸島では、4日夜のはじめ頃から5日にかけて暴風になる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。沖縄本島地方でも4日は南東の風が強く吹き、5日は非常に強く吹くでしょう。台風の進路などによっては沖縄本島地方で暴風となる恐れがあります。4日に予想される最大瞬間風速は、宮古島地方と八重山地方は40メートルと、屋外での行動は極めて危険です。沖縄本島地方は30メートル、何かにつかまっていないと立っていられないほどです。台風の動きは比較的遅いため、影響は長引くでしょう。
6日(金)から7日(土)にかけては東シナ海を北上し、強い勢力にまで発達する見込みです。台風の東側では、特に風が強く、雨雲が発達しやすいという特徴があります。たとえ、台風が九州や中国地方から遠い所を通ったとしても注意が必要です。

台風14号 南シナ海を東進

台風14号は、今後、南シナ海をゆっくり東へ進む見込みです。週末から、雨雲の元となる台風周辺の暖かく湿った空気が日本付近に流れ込むなど、影響が出てくるでしょう。日本列島へ向かってきている台風です。今後の動向にもご注意下さい。

7日(土)にかけて「夏の太平洋高気圧」本州へ張り出し続く

太平洋高気圧は、本州付近に張り出しており、7日(土)頃にかけて、特に日本の東で勢力を強めるでしょう。また、上空1500メートル付近で気温15度以上の暖気が、5日(木)には本州を覆い、更に6日(金)から9日(月)にかけては、北海道まですっぽり覆う見込みです。日本列島は真夏の空気に覆われることになります。
九州から東北は、この先、湿った空気の影響で雲が多いでしょう。気温が上がる午後を中心に、局地的に雨雲やカミナリ雲が発達しやすい状態が続く見込みです。6日(金)から7日(土)頃は、四国、中国地方から関東では一時的に乾いた空気が入り、晴れ間が出る所があるでしょう。
北海道では、5日(木)にかけて上空の気圧の谷の影響で、にわか雨の所がある見込みです。6日(金)は北海道にも南から暖かく湿った空気が流れ込み、広く雨が降るでしょう。雨脚が強まることもある見込みです。
最低気温は、九州から東海で連日25度前後の所がある予想です。まだ夜でも熱中症に注意が必要です。最高気温は、中国地方から北陸と関東で34度くらいとなる日がある予想です。最低気温、最高気温は、真夏並みの気温が続く所があるでしょう。

「新たな台風」発生か

マリアナ諸島の東、ウェーク島付近には熱帯低気圧があり、今後太平洋高気圧の縁に沿って、北西へ進む見込みです。熱帯低気圧は、海面水温が30度前後の所を通ります。台風は、海面水温26.5度以上で発生するといわれています。
本州へ張り出している太平洋高気圧は、8日(日)頃から東へ退くでしょう。太平洋高気圧の勢力が弱まると、台風は日本列島に近づきやすくなります。今後の台風情報に十分ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい