3日 秋雨と局地的な激しい雨 台風13号沖縄の南へ

tenki.jp

メイン画像 (06:40)tenki.jp

メイン画像 (06:40)tenki.jp
3日(火)は、北陸や東北南部は雨。九州から関東は、午後は局地的に激しい雨や雷雨で、九州では非常に激しく降る所も。先島諸島では、夕方以降は強風に注意。 秋雨前線は日本海 前線の南で大気の状態不安定 3日(火)は、秋雨前線が大陸から日本海、北陸付近に延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。九州から関東では、午後を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。 北海道付近は、高気圧に覆われるでしょう。 北陸や東北南部で秋雨 九州~関東で局地的な雨や雷雨 前線がかかる北陸と東北南部では、雨が降ったり止んだりでしょう。北陸では、カミナリが鳴り、雨脚が強まることがある見込みです。特に新潟で、雨雲がかかる時間が長いでしょう。 前線の南側にあたる九州、四国、中国地方、近畿、東海、関東では、天気の急変に注意が必要です。午前を中心に晴れ間が広がる所がある見込みです。午後はあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が湧くでしょう。雨は、傘を差していても濡れてしまうくらいで、道路が川のようになる所もありそうです。特に九州では九州山地で雨雲が湧き、雨雲は東風に流され、熊本県や福岡県、長崎県で非常に激しく降る所がある見込みです。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、車の運転などは危険な場合があります。ご注意下さい。 東北北部は、昼前まで、にわか雨の所があるでしょう。秋田県では、これまでに降った雨で地盤が緩んでいる所や増水している川があります。昼前にかけて土砂災害や河川の増水にご注意下さい。日中は日本海側で日の差す所がありそうです。北海道は、青空が広がるでしょう。 気温の予想 九州~東海 夜になっても気温下がりにくい 最高気温は、九州から近畿では、31度から33度くらいの予想です。九州北部や中国地方ではきのう(2日)より、4度くらい高くなる所が多いでしょう。東海では32度から34度と、きのうと同じくらいの見込みです。関東は28度から30度で、きのうより3度ほど低くなるでしょう。 北陸と東北南部は24度前後の所が多い予想です。 東北北部と北海道は27度くらいの所が多く、青森では29度の予想です。東北北部では、きのうより4度前後高くなるでしょう。 九州から東海では、気温は下がりにくく、24度前後で経過する所が多い見込みです。 台風13号北上 先島諸島では夕方から強風に注意 フィリピンの東の台風13号は、午前3時現在、中心の気圧は994ヘクトパスカル。北北西へ時速20キロで進んでいます。今後も北上し、午後3時までに沖縄の南に達する見込みです。 沖縄は、晴れ間が出る時間が長いですが、台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、雨雲やカミナリ雲がかかる所があるでしょう。南東の風が次第に強まり、先島諸島では夕方以降、強く吹く見込みです。海では波が高まり、夜遅くから、しけるでしょう。 台風14号 南シナ海へ 台風14号が、午前3時にトンキン湾で発生しました。中心の気圧は996ヘクトパスカル。南西へ時速15キロで進んでいます。今後は進路を東へと変え、南シナ海まで進む見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック