9月のスタートは西で雨、東と北は暑い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9月のスタートは西で雨、東と北は暑い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


9月は、西は雨でスタート、東日本や北日本は日差しがあって、厳しい残暑となりそう。

西は雨、九州など土砂降りも

1日は秋雨前線が西日本付近を次第に北上するでしょう。九州は北部を中心に雨が降り、雷雨になる所もありそうです。特に午前中は雨の降り方が強く、場所によっては土砂降りとなるでしょう。先日のような記録的な大雨にはならないものの、被害のあった地域は、雨の降り方に要注意です。中国や四国も雨の降る所が多く、ザーザー降りになる所もあるでしょう。雨が降るのは昼頃までが中心ですが、夕方以降も局地的に雷雨になりそうです。近畿の雨は、南部は主に朝まででしょう。中部や北部は日中以降の方が広い範囲で降りやすく、発達した雨雲のかかる所がありそうです。お出かけの際に雨が降っていなくても、雨具をお持ちになるとよいでしょう。予想最高気温は平年並みか低く、九州では10月並みの肌寒さの所もありそうです。

東・北はまだ暑い

東海や北陸は、朝までと夕方以降はにわか雨の所があるものの、昼前後を中心に晴れ間が出るでしょう。関東も日差しがあって、午後の急な雨も比較的狭い範囲となりそうです。平野部も雨の降る可能性はありますが、降っても一時的でしょう。最近は、朝晩は風に秋を感じられる日も出てきましたが、最高気温は東海や北陸、関東のいずれも30度前後の予想で、日中はまだまだ暑いです。水筒やペットボトルを持ち歩くなど、こまめに水分を摂って、熱中症を予防しましょう。また、帽子や日傘を使うなど、直射日光を遮ると、体で感じる温度が変わってきます。暑さ対策を心がけてください。北日本は東日本より晴れる時間が長いでしょう。東北では所々で、最高気温が平年より4度から5度ほど高く、仙台市など市街地でも真夏日になりそうです。内陸では32度くらいまで上がる所もあるでしょう。通気性の良い服を着たり、適切に冷房を使うなど、少しでも涼しくしてお過ごしください。なお、東北では暑さを和らげるにわか雨は、ごく一部となりそうです。北海道も東北と同様に広い範囲で晴れるでしょう。ただ、上空に残る寒気の影響で、北部や東部では雷雨になる所がありそうです。天気の急変にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい