東日本日本海側と西日本 日照不足と長雨の情報

tenki.jp
30日、気象庁は「東日本日本海側と西日本の日照不足と長雨に関する全般気象情報」を発表しました。 日照不足と長雨 東日本日本海側と西日本では8月18日頃から、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多いため、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。18日以降の日照時間は、平年の30%を下回っている所があり、降水量は平年比で500%を超えている所があります。 今後10日間程度も前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、日照時間の少ない状態が続く見込みです。気象庁は農作物の管理等に十分注意するよう呼びかけています。 【参考】 東日本日本海側=北陸地方 西日本=近畿、中国、四国、九州(奄美地方を除く)地方

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック