週間 蒸し暑い空気 雲が主役でも残暑は続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 蒸し暑い空気 雲が主役でも残暑は続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この先一週間、前線や湿った空気の影響で全国的に曇り空の日が多い。気温は平年並みか高く、関東以西を中心に残暑が続く。

あす 前線の活動は落ち着くが 所々で雨や雷雨

あす31日は、前線が本州の南に停滞。前線の活動は、ここ数日に比べて落ち着くものの、太平洋側を中心に雨雲やカミナリ雲の発達する所がありそうです。
【各地の天気】
沖縄は晴れるでしょう。九州南部は一日雲が多く、所々で雨や雷雨がありそうです。
九州北部は午前中は晴れ間がありますが、午後は雲が増えて、にわか雨の所もあるでしょう。
四国は雲に覆われ時折ザッと雨が降ります。カミナリを伴う所もありそうです。
中国地方や近畿、東海、北陸は日の差す時間があるでしょう。ただ、午前を中心に、局地的に雨雲が湧きます。関東も所々でにわか雨。特に雨の降りやすい時間帯は、朝までと夕方以降です。
東北は大体晴れますが、大気の状態はやや不安定。急な雨に備えて雨具を持っておくと安心です。
北海道は、日本海から近づく低気圧の影響で、昼頃から雨の所がありそうです。

あさって以降

前線が本州付近に停滞。また、日本の北を気圧の谷がたびたび通過します。
【天気の傾向】雲が主役です。日の差す時間はあっても、スッキリとした青空になる所は少ないでしょう。4日から6日頃は、前線上に低気圧が発生することが予想されます。この低気圧の発達の度合いによっては、西日本を中心に雨脚の強まる所もありそうです。
【気温の傾向】平年並みか高いでしょう。関東から西では、日差しがなくても30度を超える所が多く、残暑が続きそうです。夜も気温がなかなか下がらず、寝苦しいでしょう。
なお、29日に気象庁から発表された1か月予報によると、9月の2週目にかけて、東日本を中心に気温が平年より高めで経過するでしょう。季節の歩みはスローペース、となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい