30日 発達した雨雲 太平洋側へ 非常に激しい雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日 発達した雨雲 太平洋側へ 非常に激しい雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう30日は、前線に伴う発達した雨雲が日本海側から次第に太平洋側へ。傘がほとんど役に立たないほどの、非常に激しい雨の降る所も。

前線が次第に南下 活動は活発

きょう30日は前線が九州から東北へと延び、ゆっくりと南下します。あちらこちらで激しい雨が降るでしょう。特に太平洋側では、局地的に1時間50ミリ以上と滝のような非常に激しい雨が降りそうです。道路が冠水するなど、交通に影響がでることも考えられます。
【激しく降るおそれのある時間帯】
●九州と中国地方:朝のうちまで
●四国:昼過ぎまで
●近畿と北陸:夕方まで
●東海と関東、東北:昼前後から夜の帰宅時間帯まで
【24時間雨量】
あす31日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
●四国・近畿・東海:150ミリ
●九州南部:120ミリ
●九州北部・北陸:100ミリ と、太平洋側を中心に雨の量が多くなるでしょう。
なお、大雨による甚大な被害のあった九州北部は、これまでに比べると雨の降り方が落ち着き、次第にやみます。ただ、しばらくは災害の危険の高い状態が続く所がありそうですので、今後も、気象情報や自治体からの避難に関する情報を確認しつつ、慎重な行動を心掛けてください。

雨でも気温は高め 蒸し暑い

前線に向かうように、南から暖かい空気が流れ込みます。雨でも気温は高めの予想です。
東北や北陸は25度くらいの所が多いでしょう。厳しい暑さではないものの、ムシっとしそうです。関東から西は広い範囲で30度くらいまで上がるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい