近畿 28日 中部や北部を中心に激しい雨に注意

tenki.jp

近畿地方は28日の夜にかけても断続的に雨が降り、中部や北部を中心に1時間30ミリ前後の激しい雨の降るおそれがあります。引き続き、雨の降り方に注意が必要です。

28日 活発な秋雨前線が、近畿地方日本海側に停滞

28日は近畿地方日本海側に秋雨前線が停滞し、この前線に向かって湿った空気が流れ込んでいます。このため、近畿地方は広く雨が降り、京都市では明け方にかけて1時間36.5ミリの激しい雨が降りました。28日の午後も、近畿地方には断続的に雨雲が流れ込み、雷を伴う所や激しく降る所がある見込みです。特に前線に近い中部や北部ほど、発達した雨雲が流れ込むおそれがあります。

29日午前中も北部を中心に強い雨に注意

あす29日の午前中も、近畿地方の日本海沿岸に延びる秋雨前線の活動は活発で、北部を中心に雨が降り、雷を伴って、局地的に強い雨の降るおそれがあります。前線の上を、少し北に盛り上がっている部分(キンク)が通るタイミングで、北部を中心に雨脚の強まる可能性があります。午後は前線が近畿地方を南下するため、中部や南部でも雨の降る時があるでしょう。前線の活動は28日に比べ弱まってくるため、激しい雨の可能性は小さくなる見込みです。ただ、降り始めからの雨で、地盤の緩んでいるところがありますので、がけや斜面には近づかないようにしてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック