関東・東海でも滝のような雨 29日まで大雨警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東・東海でも滝のような雨 29日まで大雨警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


前線や湿った空気の影響で、神奈川県箱根町で1時間に77.5ミリの雨を観測するなど、関東甲信や東海地方でも非常に激しい雨が降っています。29日にかけて大雨に警戒が必要です。

神奈川県などで非常に激しい雨を観測

前線や湿った空気の影響で、東日本でも神奈川県や静岡県を中心に、活発な雨雲が次々と発生し、激しい雨が降っている所があります。
神奈川県箱根町では午前9時45分までの1時間に77.5ミリの滝のような雨を観測しました。また、静岡県内では線状降水帯と見られる降水域がみられ、静岡県藤枝市高根山では、午前11時16分までの1時間に49.0ミリの激しい雨を観測しています。

29日にかけて東海地方や関東甲信地方も大雨に警戒

前線や湿った空気の影響で大気が不安定となっており、東海地方や関東甲信地方では大雨となる可能性があります。
東海地方は、29日夕方にかけて、雷を伴い1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
関東甲信地方では、28日夜のはじめ頃にかけて山沿いや沿岸部を中心に雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、その後も29日にかけて断続的に雨が降って、大雨となる所がありそうです。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい