26日 九州には秋雨前線 関東なども帰宅時の雨注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 九州には秋雨前線 関東なども帰宅時の雨注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう26日(月)は、高気圧に覆われる所が多いですが、九州は秋雨前線、関東などは湿った空気や気圧の谷の影響を受けるでしょう。また、そのほかの地域も日中は晴れていても、午後は急な雨となる所があります。

きょうの天気 日が差しても空模様注意

秋雨前線の停滞する九州は、引き続き雨や雷雨に注意が必要です。雨脚の強まる所もあるでしょう。中国四国から東海、東北、北海道は、日中は晴れる所が多いですが、内陸部を中心に局地的な雨や雷雨があります。また、関東も時折り日が差すものの、傘があると安心です。昨晩のように、突然雷を伴ってザッと雨の降ることがあるでしょう。天気の急変にご注意下さい。

予想が非常に難しい局地的雷雨

局地的な雨や雷雨は、ごく狭い範囲で雨雲や雷雲が急速に発達することで発生します。予報は、現象の規模や時間が小さくなるほど難しくなるため、これらの雲が発生しやすいエリアはある程度予想が出来ますが、実際に雨や雷雨が起こるのは数キロ~数十キロというごく狭い範囲。また、早ければ30分程度で急速に発達するため、とても申し上げにくいですが、いまの技術では雷雨直前以外に、局地的な雷雨を予想するのが非常に難しいのが現状です。そこで目印となるのが、雷鳴が聞こえてきたり、急に冷たい風という急な雨のサイン。「所々で雨や雷雨」「大気の状態が不安定」と予想されるエリアでは、空の様子には気を配っておきましょう。

きょうの気温 東海中心に残暑厳しく

沖縄・九州から東北南部では、大阪などで日中の気温が30度以上となり、厳しい残暑が続きそうです。特に、東海では猛烈な暑さで、名古屋や岐阜、津は34度、場所によっては35度に届く可能性もあり、熱中症に厳重な警戒が必要です。北海道は20度前後で、9月中旬並みの所が多いでしょう。なお、この時期になると夜は肌寒く感じられる所も出てきます。気温の変化で体調を崩さないよう、ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい