浅間山で噴火発生 噴煙600メートルまで

tenki.jp

気象庁によりますと、本日(25日)19時28分に浅間山で噴火が発生。噴煙は概ね600メートルまであがりました(画像は気象庁「監視カメラ画像」を使用)。

火山活動の状況

本日(25日)19時28分頃、山頂火口で噴火が発生しました。噴煙は灰白色で、火口縁上概ね600メートルまであがりました。浅間山で噴火が発生したのは、8月7日以来です。引き続き同程度の噴火が発生する可能性を考慮して、火山活動の推移を注意深くみていく必要があります。

防災上の警戒事項

山頂火口から概ね2kmの範囲では、引き続き弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック