近畿 23日夜にかけて激しい雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿 23日夜にかけて激しい雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


23日の近畿地方は、局地的に雷を伴い激しい雨の降るおそれがあります。雨のやむ時間も多いですが、夜のはじめごろまで、急な激しい雨に加え、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意をしてください。

23日夜にかけて激しい雨のおそれ

現在、日本海から寒冷前線が南下し、前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、近畿地方は大気の状態が不安定で、広く雨が降っています。23日の午前中は奈良県の南部で1時間40ミリを超える雨が、京都府や和歌山県でも30ミリ以上の激しい雨の降ったところがありました。また、所々で落雷も観測されています。
現在いったん雨の止んでいるところも、これから夜にかけて寒冷前線が南下してきます。近畿地方は引き続き大気の状態が不安定で、雨が降りやすいでしょう。局地的に1時間30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。川の増水や低い土地の浸水にも注意が必要です。また、22日降り始めからの雨量が多くなっているところもありますので、土砂災害にも十分ご注意ください。

24日も天気はすっきり回復せず

あす24日は寒冷前線が南へ離れ、雨のやむ所が多くなる見込みです。
ただ、前線が紀伊半島の沖合に停滞するため、和歌山県の南部は雨が降りやすく、
そのほかの近畿地方でもにわか雨の所があるでしょう。念のため折りたたみ傘があると安心です。

週末は寝苦しい夜から解放されそう

この週末は近畿地方が前線の北側に入り、少し空気が入れ替わります。このため、これまでの蒸し暑い状態が一時的に解消に向かい、朝晩は少ししのぎやすくなるでしょう。標高の高いところでは涼しくなりますので、お休みの際は薄着で体を冷やさないようお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい