22日 大気の状態が不安定 特に前線付近で激しい雨

tenki.jp

メイン画像 (06:48)tenki.jp

メイン画像 (06:48)tenki.jp

22日(木)は、本州付近に秋雨前線が停滞。前線付近にあたる中国地方から北陸と関東付近では、傘をさしていてもぬれてしまうくらいの雨。北陸では夜遅くは滝のような雨も。

秋雨前線が停滞 広く大気の状態が不安定

22日(木)、秋雨前線が黄海から中国地方を通り、関東付近に延びています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、広く大気の状態が不安定になっています。特に、前線付近にあたる中国地方や近畿の日本海側、北陸、関東では、大気の状態が非常に不安定になっています。今後、前線上に低気圧が発生し、夜は北陸に近づくでしょう。東北や北海道には東の海上から湿った空気が流れ込む見込みです。

きょうの天気

沖縄は晴れる見込みです。
九州から近畿では、日本海側は雲が多く、午後は所々でカミナリが鳴り、雨が降るでしょう。雨は激しく降る所がある見込みです。太平洋側は晴れ間があっても、急に、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。
東海は、晴れたり曇ったりで、昼過ぎから局地的に雲が発達する見込みです。カミナリを伴って激しい雨が降る所があるでしょう。
関東は、日差しは少なく、午後はあちらこちらでカミナリが鳴り、雨が降る見込みです。局地的に激しく降り、道路が川のようになることもあるでしょう。特に、アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意下さい。これまでの雨で地盤の緩んでいる所があります。土砂災害にご注意下さい。
北陸は、雨や雷雨で、傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降る所があるでしょう。午後は雨が弱まったり、止んだりする所がありますが、夜遅くに再び発達した雨雲がかかる見込みです。局地的にカミナリを伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るでしょう。土砂災害に厳重に警戒して下さい。
東北と北海道は、雲が広がりスッキリしない空模様でしょう。所々で、にわか雨や雷雨がある見込みです。
カミナリ雲の下では強い雨だけでなく、竜巻などの突風が吹くことがあります。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物の中など安全な場所に移動しましょう。

きょうの最高気温

最高気温は、沖縄と九州から東海では晴れ間が出る所では、32度から34度くらいの所が多い予想です。中国地方や北陸など、日差しの少ない所では、30度くらいでしょう。関東も30度前後の所が多い見込みです。
東北は27度から28度くらいの所が多いでしょう。北海道は日本海側で25度くらいで、オホーツク海側は20度前後、太平洋側は18度くらいの所が多い見込みです。

大型の台風11号 先島諸島 あすから影響が出始める

大型の台風11号は、フィリピンの東を西寄りに進んでいます。今後も発達しながら北西へ進み、24日(土)に先島諸島に接近する恐れがあります。あす(23日)から先島諸島では強い風が吹く見込みで、海ではうねりが届き、波が高くなるでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック