沖縄から北海道までのあちらこちらで雨雲発達

tenki.jp

今日(20日)は全国的に大気の状態が非常に不安定です。1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、明後日(22日)にかけて雨量の多くなる所もあるでしょう。

雨の強さは滝のように 明後日(22日)までの総雨量200ミリくらいの所も

今日(20日:火曜)は沖縄から北海道まで、あちらこちらで雨雲が発達するでしょう。激しい雨や強い雨を降らせる雲の下は、落雷や竜巻などにも注意が必要です。
前線が西日本や東日本に延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、広く大気の状態が不安定になっています。今朝(20日:火曜)も早い時間帯から、九州を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨、1時間に30ミリ以上の激しい雨の観測されている所が、あちらこちらにあります。また、寒気を伴った気圧の谷が近づいている影響と、佐渡沖から東北北部へと進んでいる低気圧の影響で北日本も大気の状態が不安定です。午前7時前後には東北北部の所々で1時間に20ミリ以上の強い雨を観測しています。
【西日本】
沖縄は昼すぎにかけて、九州南部は今夜はじめ頃にかけて、九州北部は昼前にかけて、中国、四国は明日(21日:水曜)にかけて、近畿は今夜にかけて、局地的に雷を伴って雨脚が強まるでしょう。1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、明日(21日:火曜)の午前6時までに総雨量が100ミリになる所もある見込みです。短時間に非常に激しく雨が降ると、道路が冠水したり、低い土地が浸水したり、細い川などが一気に増水したりすることがあります。お出かけの際は空模様の変化とともに、周囲の状況にご注意下さい。
【東日本】
東海と北陸は明日(21日:水曜)にかけて、関東甲信は今夜遅くにかけて、局地的に雨雲が発達するでしょう。1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、特に北陸では明後日(22日:木曜)の朝までに総雨量が200ミリくらいになる所もある見込みです。断続的に激しい雨が降り、大雨となる恐れもあるため、ご注意下さい。
【北日本】
東北と北海道は今夜にかけて所々で雷雨があるでしょう。局地的に激しく降る見込みです。東北の日本海側は昼前後に、東北の太平洋側は昼前から夕方に、北海道は昼頃から夜にかけてが、雨雲が発達しやすい時間帯です。ただ、そのほかの時間帯でも雨脚が強まることはあるため、注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック