18日(日) 九州から東北で暑さ続く 熱中症に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日(日) 九州から東北で暑さ続く 熱中症に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


18日(日)も九州から東北では厳しい暑さとなるでしょう。お盆休みの最終日も、熱中症に警戒が必要です。

北海道や東北北部は天気回復 関東から九州は太平洋側は雲が多い

18日(日)は、北海道や東北北部も天気は回復し、晴れるでしょう。東北南部から九州は、日本海側を中心に晴れますが、太平洋側ほど雲が多くなりそうです。

太平洋側には湿った空気が流れ込む

18日(日)は、南の海上の高気圧のへりを回って吹く南よりの風の影響で、太平洋側に暖かく湿った空気が流れ込むため、雲が多くなるでしょう。午後は気温の上昇も伴い、大気の状態が不安定になって、にわか雨や雷雨の所がありそうです。

18日(日)の天気

18日(日)は、日本海側は広い範囲で晴れるでしょう。太平洋側は雲が多く、午後は雷を伴って雨の降る所がありそうです。沖縄も雲に覆われ、日中はにわか雨や雷雨があるでしょう。急な強い雨や落雷、突風に注意してください。
最高気温は、九州から東北は33度くらいで、厳しい暑さが続くでしょう。水分や休憩をこまめにとるなど、熱中症対策をしてください。北海道は、17日(土)より低く、暑さは少し和らぐでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい