台風10号、近畿地方には15日夕方から夜に接近 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号、近畿地方には15日夕方から夜に接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


大型の台風10号は、勢力を保ったまま瀬戸内海を北上しています。きょう15日の夕方までに中国地方に上陸する恐れがあります。近畿地方では、すでに大雨になっている所があります。近畿地方では、台風の影響がさらに強まる見込みです。あす16日の朝にかけて、大雨や雨による土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に警戒が必要です。また、中部の沿岸部では高潮にも注意と警戒が必要です。また、早めの避難を心がけ、外へ出ることが困難な場合は屋内に退避するようにしてください。

近畿地方南部では、すでに総雨量が600ミリを超えている所も

大型の台風10号は、勢力を保ったまま瀬戸内海を北上しています。きょう15日の夕方までに中国地方に上陸する恐れがあります。近畿地方では、紀伊半島の南東斜面を中心に雨が降り、奈良県の上北山村で12日の降り始めからの雨量が600ミリを超えるなど、大雨になっている所があります。

16日朝までは局地的に非常に激しい雨の恐れも

近畿地方では、台風の影響がさらにに強まる見込みです。あす16日の朝にかけて断続的に雨が降り、南部では1時間に80ミリの非常に激しい雨、中部や北部では1時間に60ミリの激しい雨の降る恐れがあります。また、あすの朝までの24時間に、多い所では300ミリから500ミリの雨となる所がある見込みです。南部では総雨量が1,000ミリを超える恐れがあります。

強風と高波に警戒し、中部では高潮にも注意と警戒を

台風の接近に伴って、風が強まってきています。あすの未明にかけて、陸上では20メートル、海上では25メートルの暴風の吹く恐れがあります。南部や中部の海上では、うねりを伴って波の高さが7メートルから9メートルと猛烈にしける見込みです。暴風と高波に注意をしてください。なお、17日にかけては潮回りが「大潮」で潮位が高くなります。台風の中心気圧が低く、また強い風が長い時間にわたって吹くこともあり、満潮の時間帯を中心に高潮に警戒が必要です。

早めの避難準備を。ただし、無理は厳禁

すでに警報が発表されている所のほかでも、雨や風、高潮による災害が発生する危険度が高まってきています。飛ばされやすい物は早めに屋内にしまい、地元自治体の避難所情報なども参考にして、避難が必要と感じた時にはすぐに行動できるように準備をしておいてください。ただ、屋外に出ることに危険を感じた場合は無理に外出することを避け、屋内に退避するようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい