宮崎で最大瞬間風速40メートル近く 滝のような雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宮崎で最大瞬間風速40メートル近く 滝のような雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風本体の活発な雨雲が宮崎県や大分県にかかり、所々で非常に激しい雨が降り、暴風が吹いています。

宮崎県で最大瞬間風速40メートル近くに 宮崎県と大分県で非常に激しい雨を観測

台風8号は本日(6日:火曜)午前5時頃に宮崎市付近に上陸しました。台風本体の雨雲が宮崎県や大分県にかかっているほか、台風周辺でも雨雲が発達し、四国も所々で雨脚が強まっています。
台風8号はコンパクトなため、近づくと急に雨や風が強まります。宮崎県や大分県ではここ数時間で急に雨や風が強まりました。海上では猛烈な風が吹き、大シケとなっています。
【実況データ】
●雨のデータ(午前6時までのまとめ)
宮崎県西都市では午前5時40分頃に1時間に59.0ミリの非常に激しい雨を観測しています。また、宮崎県美郷町の神門(みかど)、大分県佐伯市の蒲江(かまえ)、大分県佐伯市の宇目(うめ)などでも1時間に40ミリ以上の激しい雨が降っています。なお、宮崎県では午前6時までの3時間に100ミリを超える雨の降っている所もあります。
●風のデータ(午前6時までのまとめ)
台風の上陸で風も強まっています。
宮崎空港(宮崎市赤江)で午前4時29分に最大瞬間風速39.6メートルを観測したほか、宮崎市や宮崎県西都市、宮崎県延岡市の古江(ふるえ)などで最大瞬間風速30メートルを超えています。

今後の見通し 猛烈な雨が降る所や猛烈な風が吹く所あり

【台風8号の進路】
台風は次第に進路を北寄りに変えながら昼過ぎにかけては九州を北西に進み、今夜(6日:火曜)には対馬海峡に達する見通しです。
【今後の見通し】
●予想される雨の強さ
所々で1時間に50ミリ以上の非常に強い雨(ゴーゴーと滝のような降り方)が降り、
局地的には1時間に80ミリの猛烈な雨(息苦しさを感じるような圧迫感のある降り方)が降るでしょう。
●予想される雨の量~あす(7日:水曜)の午前6時までの24時間に予想される雨量~
いずれも多い所で、九州北部地方300ミリ、四国地方250ミリ、九州南部200ミリ
●予想される最大瞬間風速
九州南部50メートル
(多くの樹木が倒れるほど、電柱や街灯で倒れるものがあるほどの猛烈な風)
九州北部地方と四国地方で35メートル、
(何かにつかまらないと立っていられないほど、看板が落下・道路標識が傾いたりするほど)
●予想される波の高さ
九州南部9メートル、九州北部地方と四国地方7メートル
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また、活発な雨雲の下では竜巻などの激しい突風が吹くこともあります。落雷や突風などにもご注意ください。
夏休み中で移動も多い時期ですが、帰省先や目的地が台風による雨や風の影響を受ける心配があります。最新の気象情報や交通情報を確認して気を付けてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい