台風8号は九州上陸へ 次の台風と「別の怪しい雲」も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風8号は九州上陸へ 次の台風と「別の怪しい雲」も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


小笠原諸島付近にある台風8号は、あさって6日(火)頃に九州付近を通過する予想です。一方、日本のはるか南には熱帯低気圧と「怪しげな雲」があり、次の週末にかけて、日本付近に近づくおそれがあります。今年も台風シーズンを迎え、さらに次の週末からはお盆休みが控えています。今後の気象情報にご注意下さい。

台風8号は九州へ

台風8号は、あさって6日(火)に、暴風域を伴って九州に接近・上陸する可能性があります。西日本では、5日頃から6日頃にかけて、台風本体の雨雲がかかり大荒れの天気となるおそれがあります。台風8号は比較的コンパクトな台風で、接近に伴って急に風や雨が強まることも考えられます。早めの備えをお願いします。
■5日にかけて予想される風(最大瞬間風速)
小笠原諸島   35メートル
九州南部、四国 35メートル
九州北部    30メートル
■5日にかけて予想される波の高さ
九州南部          7メートル
九州北部、四国、小笠原諸島 6メートル
近畿、東海         5メートル
伊豆諸島          4メートル
■5日昼前までの24時間に予想される雨の量(多いところ)
小笠原諸島  80ミリ
■その後、6日昼前までの24時間に予想される雨の量(多いところ)
四国、九州北部、九州南部 200~300ミリ
近畿           100~200ミリ
※その後、6日夜にかけて雨量はさらに多くなるおそれがあります。

「次の台風」 台風8号に連続して北上か?

フィリピンの東には熱帯低気圧があり、あす5日(月)朝までに台風に発達する予想です。この熱帯低気圧の進路は、今の段階では予想に幅がありますが、北上を続けて10日(土)頃に南西諸島から西日本に接近する可能性も否定できません。ちょうど次の週末からはお盆期間に入る方も多く、帰省ラッシュとなります。今後の情報にご注意下さい。

さらに3つ目の「怪しげな雲」も

フィリピンの東にある熱帯低気圧の東には、別の雲がまとまりつつあります。まだ熱帯低気圧とは解析されていませんが、今後発達する可能性は十分にあります。また、日本付近には「台風や熱帯低気圧の通り道」ができているため、この雲の塊が発達し、この「通り道」に乗ってしまうと、北上してくることも否定できません。すでに台風シーズンに入っているため、日頃から台風への備えはしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい