台風8号 来週初め九州へ接近のおそれ

tenki.jp
きょう午前9時、南鳥島近海で台風8号が発生しました。今後、発達しながら北西へ進み、5日(月)から6日(火)に九州付近へ接近するおそれがあります。早めに台風への備えをしておきましょう。 台風8号 来週初め九州へ接近 台風8号は、2日正午現在、南鳥島近海を西よりに進んでいます。太平洋高気圧の縁を沿うように、今後も西よりに進み、5日(月)夜から6日(火)朝に、九州付近にかなり接近するおそれがあります。 現在、日本の南海上の海面水温は、台風が発達しやすい27度以上となっています。台風は今後さらに発達し、強い勢力で九州付近へ接近する見込みです。 早めに台風への備えを行いましょう。 九州 台風の影響 台風8号が来週初めにかけて九州付近へ近づくため、4日(日)頃から九州の太平洋側の海上は次第にうねりが入るでしょう。海のレジャーはご注意下さい。 そして、台風8号が接近する5日(月)から6日(火)は、九州や奄美は雨や風が強まり大荒れの天気になるおそれがあります。 台風8号は、今後まだ進路や接近するタイミングが変わる可能性もあります。最新の台風情報や気象情報を確認するようにしましょう。また、子供たちが夏休みに入り移動の多い時期ですので、交通情報にもお気をつけ下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック