週間 昼夜問わず厳暑 翌日の予想最低気温にも注目 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 昼夜問わず厳暑 翌日の予想最低気温にも注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


この先も晴れマークが多く、広い範囲でしばらく夏の強い日差しが照りつけることを意味します。猛烈な暑さの続く所が多く、引き続き熱中症への警戒を怠ることができません。また、気温の上昇で夕立も発生しやすくなるため、夏祭りや花火大会などのイベントは空模様にも気を配りましょう。

あすの天気 体に堪える暑さ

8月のスタートも、沖縄から東北は夏の太平洋高気圧に覆われます。広い範囲で強い日差しが届き、日中は猛烈な暑さとなる所が多いでしょう。最高気温が35度以上の猛暑日となる所もありそうです。なお、内陸部を中心に、午後は突然の雨や雷雨にご注意下さい。

あさって以降の天気 真夏の3つの注意点

8月2日(金)以降も、夏の高気圧の日本付近への張り出しは続き、同じような気圧配置の日が多い予想です。この先の天気のポイントも「強い日差し」「猛烈な暑さ」「内陸部の夕立」の3つとなります。今週末も、刺すような強い日差しと、それに伴う気温35度前後の猛烈な暑さ。そして、昇温による内陸部を中心とした局地的な雨や雷雨(夕立)の可能性があるため、夏祭りや花火大会では空模様や暑さに注意が必要です。

夜間の暑さ対策、「翌日の予想最低気温」に注目

この先は熱帯夜の所も多くなり、昼間だけでなく夜間も暑く、寝苦しい夜が増えてきそうです。「熱帯夜」とは、気象庁の定義によれば「夜間の最低気温が25度以上」のこと。その日の気温については、当日の予想最高気温と最低気温に着目しがちですが、夜間の熱中症を防ぐには「翌日の予想最低気温」にもご注意を。翌日の最低気温が25度以上の予想となっていると、その前夜は熱帯夜となる可能性が高くなります。就寝中も冷房をつけておくなど、翌日の予想最低気温を上手く活用して、夜間の暑さ対策を行ってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい