週間 猛暑続く 昼夜を問わず万全な熱中症対策を

tenki.jp

メイン画像 (12:01)tenki.jp

メイン画像 (12:01)tenki.jp
この先も、広く強い日差しが照りつけ、猛烈な暑さが続くでしょう。夜も気温が下がりにくく、寝苦しい日が続きそうです。熱中症など体調管理に十分お気をつけ下さい。 あすの天気 朝から厳しい暑さ 31日(水)は、本州付近は太平洋高気圧に覆われる見込みです。太平洋高気圧の中心は本州の南で、本州付近には暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。九州から東北は、強い日差しが照りつける見込みです。気温は、朝早い時間から25度前後と高めで、関東では朝の通勤時間帯にすでに30度に達している所があるでしょう。九州から東北の最高気温は、内陸を中心に35度前後の予想です。 地上の気温が上がる午後は、九州から東北南部で大気の状態が不安定になるでしょう。このため、山沿いを中心に雲が発達し、雨や雷雨の所がある見込みです。雨は激しく降る所もあるでしょう。 関東では、山で発達した雨雲や雷雲が平野にも流れてくる見込みです。にわか雨の所があるでしょう。雷が鳴ることもありそうです。 北海道は、雲が多く一時的に雨が降る所があるでしょう。気温は高めです。特に太平洋側やオホーツク海側では、午前中に30度くらいまで上がる所があるでしょう。最高気温は30度から33度くらいの所が多い予想です。 広く、夜になっても気温は下がりにくいでしょう。九州から東北では、気温が25度を下回らない熱帯夜になる所がある見込みです。 あさって以降の天気 午後は山沿いで雷雨 この先も、本州付近は太平洋高気圧に覆われる見込みです。九州から東北南部は、夏空が続くでしょう。午後は、山沿いを中心に雨や雷雨がありそうです。特に8月1日(木)以降、関東や東海付近では湿った空気が流れ込み、雨雲や雷雲が湧きやすいでしょう。東北北部も晴れ間が出る日が続く見込みです。 北海道は湿った空気の流れ込みが続くでしょう。雲が広がる日が多く、3日(土)から4日(日)は、気圧の谷の通過で雨が降る所がある見込みです。 沖縄は、1日(木)から2日(金)頃は、太平洋高気圧の南側となるでしょう。湿った空気の影響で、雨が降る可能性があります。 猛烈な暑さ しばらく続く 熱中症に警戒 太平洋高気圧の更に上層のチベット高気圧が、本州付近に張り出してきています。チベット高気圧は、3日(土)頃にかけて本州付近を覆うでしょう。このため、本州付近は背の高い高気圧に覆われることになり、地上の気温が上がりやすい日が続く見込みです。九州から東北で、最高気温は連日のように35度以上の猛暑日になる所があるでしょう。西日本付近では、4日(日)以降もチベット高気圧の勢力が強く、猛烈な暑さは、来週初めにかけて続く見込みです。九州から関東で、熱帯夜が続く所もあるでしょう。北海道でも、最高気温は30度以上の真夏日が続く所がある見込みです。広く熱中症に警戒が必要な日が続きます。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック