30日 気温35度予想 夕方も30度以上 雷雲湧く

tenki.jp

メイン画像 (06:41)tenki.jp

メイン画像 (06:41)tenki.jp

30日(火)は午前中に気温が30度を超える所があり、最高気温は35度以上になる所がある予想。夕方も30度以上の所が多く、熱帯夜も。午後は山沿いを中心に雷雨。

猛烈な暑さに 夜にかけて熱中症に警戒

30日(火)は、日本列島の上空1500メートル付近では、18度以上の暖気に覆われるでしょう。晴れると日中の地上の気温が30度を超える目安の暖気です。
九州から東北南部では、午前中に気温が30度を超える所があるでしょう。北海道でも内陸を中心に、午前中に30度くらいまで上がる見込みです。
九州から東北では、最高気温は35度前後の所がある見込みです。北海道は、内陸を中心に30度から33度くらいの予想です。
九州から関東では、夕方になっても、まだ気温は30度以上の所がある見込みです。夜も25度を下回らない熱帯夜になる所が多いでしょう。
東北も夜の気温は24度から25度くらいで経過する所が多い見込みです。北海道でも、札幌では夜も25度以上の時間帯が長いでしょう。
全国的に長い時間にわって高温になります。熱中症に警戒して下さい。水筒を持ち歩くなど、こまめに水分を補給しましょう。屋外でのスポーツや作業は危険な場合があります。涼しい場所で、休憩をとるようにしましょう。

きょうの天気 午後は山沿いで雲が発達 滝のような雨も

本州付近は高気圧に覆われる見込みです。日本付近に、南西または西から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。気温が上がる午後は九州から東北南部で、大気の状態が不安定になる見込みです。九州から東北南部は、晴れる時間が長いでしょう。強い日差しが照りつけます。
午後は山沿いを中心に雲が発達する見込みです。所々で雷が鳴り、雨が激しく降るでしょう。特に関東甲信の山沿いでは、1時間に50ミリの滝のような雨が降る所がある見込みです。局地的に大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。
発達した積乱雲の下では、突風が吹くことがあります。雹(ひょう)が降ることもあるでしょう。ご注意下さい。
平地でも、通り雨の所があるでしょう。降ればザッと強く降る雨です。雷が鳴ることもある見込みです。
東北北部と北海道は、雲が多いでしょう。あちらこちらで、にわか雨や雷雨がある見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック