29日 天気急変に注意 大雨の恐れ 暑さ夜も続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

29日 天気急変に注意 大雨の恐れ 暑さ夜も続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


29日(月)は、全国的に午後は山沿いを中心に急な激しい雨や雷雨。関東甲信では局地的に滝のような雨が降り、大雨の恐れ。厳しい暑さで、夜も気温が下がりにくい。

午後 広く大気の状態が不安定

29日(月)は、雨雲のもとである暖かく湿った空気が、大陸から日本海、さらに北海道付近にかけて流れ込むでしょう。また、太平洋高気圧の縁を回って本州付近にも流れ込む見込みです。このため、気温が上がる午後は、全国的に大気の状態が不安定になり、山沿いを中心に雲が発達するでしょう。

竜巻・落雷・降雹(ひょう)に注意 関東甲信は大雨の恐れ

全国的に午前中は、日の差す所が多いでしょう。午後は、山沿いを中心に雷を伴って激しい雨が降る所がある見込みです。
特に北海道や関東甲信の山沿いで、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。竜巻などの激しい突風や落雷、雹(ひょう)などに注意が必要です。
関東では、北部で雲が発達する見込みです。北部では平地も含めて、滝のような雨が降る所があるでしょう。このような雨が降ると、マンホールから水が噴き出したり、側溝があふれたりすることがあります。南部でも所々で雨や雷雨がある見込みです。降るのは一時的ですが、道路が川のようになることがあるでしょう。
甲信も所々で激しい雨が降り、長野では局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。
関東甲信では、大雨の恐れがあります。あす(30日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、関東は多い所で100ミリ、甲信は80ミリです。これまでの大雨で、地盤が緩んでいる所があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。

気温の予想

気温は、グングンと上がるでしょう。関東や東北の太平洋側では、多くの所で午前中に30度くらいまで上がる見込みです。九州から東北では、内陸で最高気温が35度くらいとなる所がある予想です。夜になっても気温が下がりにくいでしょう。九州から東北では、気温が25度を下回らない所がある見込みです。夜でも熱中症に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい