台風6号 東側で激しい雨 静岡県に土砂災害警戒情報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風6号 東側で激しい雨 静岡県に土砂災害警戒情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


台風6号は27日(土)の朝、紀伊半島へ接近・上陸へ。台風の東側で激しい雨。26日(金)夜、静岡県は滝のような雨が降り、土砂災害警戒情報発表。台風の中心から離れていても大雨に警戒。

27日(土)紀伊半島に上陸の恐れ

台風6号は26日(金)午後9時現在、潮岬の南を1時間に20キロの速さで北上しています。風速25メートル以上の暴風域は伴っていなく、風速15メートル以上の強風域が四国の一部から紀伊半島、東海の一部にかかっています。予報円はだいぶ小さく絞られてきました。台風の中心が予報円に入る確率は70%。27日(土)の朝には紀伊半島に上陸する可能性が高いです。その後、進路を東へ。27日(土)日中は東海付近、28日(日)には関東付近で熱帯低気圧に変わる予想です。

台風の東側で非常に激しい雨

台風6号の特徴は、台風の中心より東側で雨雲が発達していること。26日(金)午後11時現在、静岡県では、菊川市(菊川牧之原)などで1時間に50ミリ以上の滝のような激しい雨が降り土砂災害警戒情報が発表されています。27日(土)にかけて、静岡など東海地方を中心に東日本では断続的に雨が降り、局地的に非常に激しい雨の降る所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒が必要です。また、風は沿岸部中心に平均10メートル~15メートル、最大瞬間風速は25メートルと、風に向かって歩けないくらいの強風が予想されています。海上は波が高く荒れた天気となるため、海のレジャーは控えたほうがよさそうです。

27日(土)関東の影響は?

関東地方は、26日(金)夜~27日(土)の朝まで雨。南部沿岸部を中心にザッと激しく降る所も。27日(土)の日中は、いったん雨はやむ見込み。雨が止んでいる時間が長い所もあるため油断しがちですが、沿岸部中心に平均15メートル、瞬間的には25メートルの強風が予想されています。海上を中心に強風や高波に注意・警戒が必要です。
※台風の進路によって、雨や風のピークが前後します。最新の情報をこまめに確認するようお願いします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい