台風6号が土日を直撃 特に「警戒地域」は台風の東側 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風6号が土日を直撃 特に「警戒地域」は台風の東側

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風6号は27日(土)から28日(日)に近畿から関東甲信に接近、上陸の恐れ。非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。強風や高波にも注意を。

台風6号の進路と特徴

台風6号が26日(金)、午前9時に和歌山県の潮岬の南南東約430キロで発生しました。台風は、27日(土)朝には紀伊半島付近に進み上陸する恐れがあります。その後、進路を東よりに変えて東海付近を進み、28日(日)朝までに熱帯低気圧に変わり、関東甲信に接近するでしょう。
今回の台風の特徴は東側に活発な雨雲があることです。雲画像を見ると、台風の中心より東側に白く輝く発達した雲があるのが分かります。今週末は台風の東側を中心に雨や風が強まる恐れがあり、大雨や強風、高波に注意、警戒が必要です。

大雨に注意、警戒

台風本体の発達した雨雲や台風の東側に広がる暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿から関東甲信では26日(金)の夜から28日(日)頃にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。
27日(土)12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で東海180ミリ、近畿150ミリ、関東甲信80ミリです。さらに28日(日)12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で東海100から150ミリ、近畿、関東甲信50から100ミリの見込みです。その後も東海や関東甲信では28日(日)夜にかけて、さらに雨量が増える恐れがあります。
土砂災害や河川の増水、浸水害に注意、警戒が必要です。車でお出かけの方も多いかと思いますが、道路の冠水にも注意が必要です。

強風や高波に注意

台風の接近に伴い、近畿と東海、関東甲信では26日(金)の夜から風が強まり、海はうねりを伴ってしける見込みです。27日(土)にかけて近畿、東海、伊豆諸島で予想される最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。沿岸部を中心に横殴りの雨となったり、交通機関に影響がでたりする可能性があり、注意が必要です。
また、高波にも注意が必要です。27日(土)にかけて近畿、東海、関東、伊豆諸島で予想される波の高さは4メートルの見込みです。28日(日)も東海や関東を中心にも風が強く、海はうねりを伴ってしける恐れがあります。
学校は夏休みに入った所が多く、今週末は隅田川の花火大会などイベントも多く予定されています。お出かけは最新の気象情報に注意し、無理のないようになさって下さい。海水浴などを予定されている方もいらっしゃるかと思いますが、海上はうねりを伴い、波が高くなっていますので、注意が必要です。
なお、この予想は26日現在の資料をもとにしています。台風の進路によっては予想が変わる可能性もありますので、今後も最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい