26日 台風が接近・上陸の前に雨が強まる 猛暑日も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 台風が接近・上陸の前に雨が強まる 猛暑日も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


熱帯低気圧は台風に発達するのが遅れていますが、27日には台風に発達して東日本太平洋側に接近・上陸する恐れがでてきました。湿った空気が流れ込むため、台風が近づく前の26日から雨の強まる所があるでしょう。昼間は気温も湿度も高く、西日本を中心に猛暑日の所もありそうです。

「台風」に発達するのが遅れていても 油断禁物

日本の南にある熱帯低気圧は、台風に発達するのが遅れていますが、油断はできません。今後24時間以内に台風に発達する見込みで、27日から28日頃にかけて、東日本太平洋側に接近するだけでなく、上陸する恐れがでてきました。
さらに、台風に発達する前から、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」を運んでくるため、26日から東日本の太平洋側を中心に、大気の状態が非常に不安定になりそうです。関東甲信や東海地方では、午後は局地的にカミナリを伴って、バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。落雷や突風、急な強い雨に、十分な注意が必要です。
また、北海道付近には、夜になると、前線がかかってくるでしょう。北海道でも、日本海側を中心に、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達し、27日にかけて雨量が多くなりそうです。
さらに、晴れる所でも、天気は変わりやすいでしょう。傘マークがなくても、突然、雨雲がかかることがありますので、お出かけには念のために、雨具をお持ち下さい。

西日本など 猛列な暑さの続く所も

予想最高気温は、全国的に平年並みか高いでしょう。日本海側でも30度を超える所が多く、金沢は今年1番の暑さになる可能性があります。北日本でも真夏日の所が増えて、福島は猛暑日(最高気温35度以上)に迫る暑さでしょう。西日本を中心に35度くらいまで上がる所があり、猛烈な暑さが続きそうです。午前5時現在、東北から九州、沖縄にかけて、あちらこちらに「高温注意情報」が発表されています。
さらに、26日は気温だけでなく「湿度も高い」のがポイントです。湿度が高いと、熱が体にこもりやすく、熱中症の危険度が高まります。「熱中症情報」は一番上の「危険」なレベルの所もあります。無理をしないで、適度に扇風機や冷房を使ったり、お部屋の中でもなるべく風通しを良くしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい