北海道の1か月 8月の初めまで厳しい暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の1か月 8月の初めまで厳しい暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


25日、札幌管区気象台は北海道の1か月予報を発表しました。向こう1か月の平均気温は高く、特に7月最後の週を中心に非常に暖かい空気が流れ込みやすく、気温がかなり高くなるでしょう。熱中症対策や体調管理、また食中毒などに十分な注意が必要となります。降水量と日照時間は、ほぼ平年並みの見込みです。

7月27日~8月2日 連日厳しい暑さ

27日は気圧の谷が通過し、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。日本海側の山間部を中心に局地的に激しい雨が降る恐れがあります。最新の気象情報に注意してください。28日~8月1日は夏の太平洋高気圧が広く張り出し、天気の大きな崩れはなく、日差しの出る日が続くでしょう。非常に暖かい空気が流れ込み続けるため、内陸を中心に連日30度以上の真夏日となる所もある見込みです。日中の厳しい暑さに加えて、夜もあまり気温が下がらず、寝苦しい日が多くなります。体調を崩さないように十分注意が必要です。また、気温が高いと、空気中の水蒸気が多くなるため大きな雲が発生しやすくなり、激しいにわか雨となることがあります。天気の急変にも注意をしておきましょう。

8月3日~8月9日 厳しい暑さは解消傾向

上空の気圧の谷が千島近海に予測されるため、風の流れが幾分変わります。非常に暖かい空気が北海道付近に流れ込む傾向は弱まるでしょう。気温は平年より高く、夏本番の暑さは続きますが、連日真夏日というような非常に厳しい暑さは次第に解消される見込みです。天気は平年通りに変わり、数日の周期で晴れたり、雨が降ったりするでしょう。

8月10日~8月23日 お盆は北海道らしい気温に

夏の太平洋高気圧の強さは平年程度となるため、北海道付近に流れ込む空気も平年と同じようになりそうです。気温もほぼ平年並みとなるでしょう。お盆の頃には、北海道らしいサラサラとした乾いた空気を感じられるようになってきそうです。天気も平年と同様に数日の周期で変わるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい