九州南部・北部、四国、近畿、北陸で一斉に梅雨明け

2019/07/24 11:02

メイン画像
メイン画像
きょう24日、九州南部、九州北部(山口県を含む)、四国、近畿、北陸で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より遅い梅雨明けです。 夏本番 一斉に梅雨明け きょう24日、九州南部、九州北部(山口県を含む)、四国、近畿、北陸で梅雨明けしたとみられると発表がありました。 九州南部は平年より10日、昨年より15日遅い 九州北部は平年より5日、昨年より15日遅い 四国は平年より6日、昨年より15日遅い 近畿は平年より3日、昨年より15日遅い 北陸は平年と同じ、昨年より15日遅い 梅雨明けです。 九州南部で梅雨入りが発表された5月31日からきのう7月23日までの降水量は、鹿児島で1202.2ミリでした。(この期間の平年の降水量は700.6ミリ) 九州北部や四国、近畿で梅雨入りが発表された6月26日からきのう7月23日までの降水量は、福岡で314.0ミリ(この期間の平年の降水量は302.5ミリ)、高松で203.0ミリ(この期間の平年の降水量は159.2ミリ)、大阪で245.5ミリ(この期間の平年の降水量は180.6ミリ)でした。 北陸で梅雨入りが発表された6月7日からきのう7月23日までの降水量は、新潟で235.0ミリでした。(この期間の平年の降水量は277.2ミリ) ※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。また、梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。 暑さ続く 熱中症に注意 この先1週間は強い日差しが照り付けて、最高気温は30度以上の日が多いでしょう。厳しい暑さになりますので、熱中症には十分にお気をつけください。

あわせて読みたい

  • 九州南部が梅雨明け 平年より2週間遅く

    九州南部が梅雨明け 平年より2週間遅く

    tenki.jp

    7/28

    北陸と東北南部 梅雨明け

    北陸と東北南部 梅雨明け

    tenki.jp

    8/2

  • 沖縄地方 梅雨明け 平年より11日遅い 7月の梅雨明けは2000年以降3回目

    沖縄地方 梅雨明け 平年より11日遅い 7月の梅雨明けは2000年以降3回目

    tenki.jp

    7/2

    北陸 梅雨明け 平年より9日早く

    北陸 梅雨明け 平年より9日早く

    tenki.jp

    7/14

  • 東海と関東甲信 梅雨明け 平年より11日遅く

    東海と関東甲信 梅雨明け 平年より11日遅く

    tenki.jp

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す