23日 全国的に急な雷雨注意 東京も傘手放せず 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23日 全国的に急な雷雨注意 東京も傘手放せず

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう23日(火)は、暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、広い範囲で大気の状態が不安定です。日差しの届く所でも、突然ザッと雨の降ることがあるでしょう。また、きょうは二十四節気の「大暑」。各地で日差しは控えめな割に暑くなるため、急な雨だけでなく、熱中症にも注意が必要です。

きょうの天気 大気の状態が不安定

けさは東京都心をはじめ、所々で雨や雷雨となっていますが、日中から夜にかけても広い範囲で雨や雷雨に注意が必要です。特に、九州から関東では、局地的に雷を伴って滝のような雨の降ることがあるでしょう。予報で晴れマークの所でも、折り畳みの傘があると安心です。大雨となった東海だけでなく、そのほかの地域でも、低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に注意、警戒が必要です。北海道も雲が多く、晴れるのはオホーツク海側に限られそうです。

きょうの気温 日差しがなくても蒸し暑い

日中の最高気温は、九州から関東や、東北・北海道の日本海側では28度から31度くらいの所が多いでしょう。各地とも湿度が高く、かなり蒸し暑く感じられそうです。日差しがない所でも、熱中症にご注意下さい。東北・北海道の太平洋側は、東から冷たい空気が流れ込む影響で、多くの所で20度くらいでしょう。

二十四節気の「大暑」 沖縄は高温注意

きょう23日は二十四節気の「大暑」。夏至から約1か月が経ち、きょうから8月8日の「立秋」にかけては、暦の上では一年で最も気温の高い頃と言われます。一足先に梅雨が明けて夏空の広がっている沖縄は、きょうも最高気温は33度くらいで厳しい暑さとなりそうです。沖縄本島地方や八重山地方には、高温注意情報も発表されています。水分や適度な塩分の補給だけでなく、適切に冷房を利用して、暑さ対策を十分になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい