九州 非常に激しい雨や暴風に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 非常に激しい雨や暴風に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


大型の台風5号の北上に伴い、九州はあす20日(土)は滝のような雨が降る所があり、21日(日)にかけて大雨のおそれが続きます。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒が必要です。また、あす20日(土)は九州北部の沿岸海上を中心に大荒れの天気となるおそれがあり、暴風やうねりを伴った高波にも警戒が必要です。

九州 20日は局地的に滝のような雨 土砂災害の危険が急に高まるおそれ

大型の台風5号は、あす20日(土)は勢力を保ったまま東シナ海から、午後は向きをやや東よりに変えて朝鮮半島付近へ進む見込みです。台風5号は中心の東側に活発な雨雲を伴っており、あす20日(土)はこの雨雲が九州へ流れ込んでくるでしょう。また、太平洋高気圧の周辺を流れる湿った空気の影響で、宮崎県など九州の太平洋側でも雨雲が発達しやすい見込みです。あす20日(土)は、九州は1時間50ミリ以上の滝のような雨が降る所があり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などの危険が急に高まる恐れがあります。21日(日)も湿った空気の流れ込みで断続的に雨が降り、大雨の恐れが続きます。この週末は、気象台や自治体から発表される情報に十分注意し、危険を感じたら情報の発表を待つことなく早めの避難を心掛けて下さい。

九州 20日は暴風や高波にも警戒

台風5号は九州から比較的西に離れた東シナ海を北上しますが、大型の台風であり、風速15m/s以上の強風域が広いのが特徴です。また、あす20日(土)、九州は、台風5号とその東側の高気圧にはさまれ、気圧の傾きも大変大きくなります。このため、あす20日(土)、九州は沿岸部や海上を中心に風が強まり、海上は全般にうねりを伴ってしける見込みです。特に警戒が必要なのは対馬海峡の沿岸部や海上で、最大瞬間風速30m/sという立っていられないほどの暴風が吹く恐れがあり、海上は波の高さが6mの大しけとなる所もある見込みです。あす20日(土)は暴風や高波にも警戒をして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい