16日 寒気通過で雲が発達 急な激しい雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 寒気通過で雲が発達 急な激しい雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


16日(火)は、九州から北陸、東海では、午後は大気の状態が不安定。局地的に雲が発達し、急な強い雨や雷雨。激しく降る所も。

寒気を伴った気圧の谷通過 湿った北東風続く

16日(火)は、上空に寒気を伴った気圧の谷が、本州付近を通過するでしょう。午後は、九州から北陸、東海で、大気の状態が不安定になる見込みです。
北日本付近には、東の海上から湿った空気が流れ込むでしょう。梅雨前線は、本州の南に停滞する見込みです。

各地の天気 九州~北陸・東海 局地的に激しい雨

沖縄は、高気圧に覆われて、朝から青空が広がるでしょう。東風がやや強く吹く見込みです。
九州南部は、雲が多く、昼頃から所々で雨や雷雨があるでしょう。九州北部は、晴れ間がある見込みです。午後は急に雷が鳴り、雨が降る所があるでしょう。四国、中国地方、近畿も、日の差す所がありますが、午後は天気の急変に注意が必要です。局地的に雷を伴って、雨が降るでしょう。傘をさしていてもぬれてしまうくらいの雨が降る所がある見込みです。北陸や東海は、雨が降ったり止んだりでしょう。午後を中心に、所々で雷が鳴り、雨脚が強まる見込みです。激しく降る所もあるでしょう。
関東は、雨が降る見込みです。雨は止み間もありますが、南部では本降りになる時間帯があるでしょう。東北は、日差しが届くのは、北部の日本海側に限られそうです。にわか雨の所がある見込みです。北海道は、日の差す所があるでしょう。昼過ぎから夜にかけては、一時的に雨が降る所がある見込みです。強く降ることはないでしょう。

日中の気温 関東~北海道の太平洋側はヒンヤリ

沖縄の最高気温は、32度前後でしょう。九州から近畿では、気温が30度くらいまで上がる所が多い見込みです。暑さが続きます。体調管理にお気をつけ下さい。北陸や東海の最高気温は、25度から27度くらいの所が多いでしょう。関東や東北の太平洋側は、23度くらいの所が多い見込みです。きのう(15日)よりやや低くなる所があるでしょう。昼間も少しヒンヤリと感じられそうです。東北の日本海側では、気温が30度近くまで上がる所がある見込みです。北海道は、25度くらいまで上がる所がありますが、太平洋側では、20度前後にとどまるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい