東京 昭和63年以来の17日連続「日照3時間未満」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京 昭和63年以来の17日連続「日照3時間未満」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


東京都心はきょう(13日)午後3時までの日照時間は11分で、17日連続で日照が3時間未満となりそうです。17日間も続くのは1988年(昭和63年)以来、31年ぶりです。

日照不足

きょう(13日)も関東地方は雲の多い天気で、日差しは少なめです。東京都心の午後3時までの日照時間は11分となっています。このまま日照時間が3時間未満だと、17日連続となります。17日間も日照時間が3時間未満の日が続くのは1988年(昭和63年)以来、31年ぶりです。令和はもちろん、平成でも一度もありません。1988年は7月13日から29日まで17日間連続で3時間未満でした。
関東地方ではこの先、少なくとも20日頃にかけては梅雨前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の天気が続き、まだまだ日照不足の状態が続きそうです。

1988年は低温・日照不足で稲などに被害も

1988年は7月の中・下旬を中心にオホーツク海高気圧の勢力が強く、北海道~関東地方の太平洋側を中心に低温が持続した年でした。この期間は梅雨前線の活動が活発で山陰地方、九州地方、関東地方、東北地方の太平洋側などで大雨にも見舞われました。7月の低温や7~9月の日照不足等のため、関東甲信地方から北海道にかけて、稲や野菜、果樹などに被害が発生しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい