週間予報 三連休も梅雨空 梅雨末期の大雨にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 三連休も梅雨空 梅雨末期の大雨にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


「海の日」にかけての三連休は、広くぐずついた天気。来週いっぱい「曇りや雨」の所が多く、雨脚の強まる日も。沖縄だけは夏空が続きそう。

13日土曜日 雨の降るタイミングは? 急に暑くなる所は?

13日土曜日は、三連休の初日という方も大勢いらっしゃるはず。ただ、西から梅雨前線の活動が活発になるため、お出かけには傘の必要な所が多いでしょう。
雨の降るタイミングを地方ごとに詳しくみてみますと…
九州から近畿は、昼頃から次第に雨が降り出しそうです。特に、太平洋側を中心に暖かく湿った空気が流れ込むので、カミナリを伴って雨脚の強まる所があるでしょう。東海や関東は、午前中は日の差す時間もありますが、午後は大気の状態が不安定になりそうです。突然の雨に備えて、雨具をお持ちになると安心です。北陸や東北も雲が多く、午前中を中心に、あちらこちらで雨が降るでしょう。北海道は、断続的に雨で、午前中は日本海側で局地的にカミナリ雲が発達しそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。沖縄だけは、夏空が広がるでしょう。
そして13日土曜日のポイントは、これまでヒンヤリが続いていた「関東や東北の太平洋側でも、急に暑くなること」。東京や仙台でも最高気温は25度を超えるでしょう。さかのぼってみると、最後に最高気温が25度を超えたのは、東京では7月4日に観測した25度2分、仙台では7月3日に観測した26度8分でした。気温だけでなく、湿度も高いので、体にこたえそうです。無理をしないで、お部屋の中でもなるべく風通しを良くしてお過ごし下さい。

14日日曜日 九州など太平洋側で雨が強まる

14日日曜日は、梅雨前線上の低気圧が、本州付近に近づくでしょう。九州など西日本の太平洋側を中心に、雨量が増えそうです。場所によっては、日降水量が150ミリを超えるでしょう。13日土曜日の降水量と合わせると「年に一度の大雨」や「数年に一度クラスの大雨」になる恐れもあります。雨の降り方に注意が必要です。
最高気温は、関東や東北の太平洋側では、またこの時期にしては低くなるでしょう。東京や仙台では、25度に届かない予想です。日によって気温の変化が大きいので、服装選びにお気を付け下さい。

15日「海の日」以降もぐずつく 梅雨明けは?

15日「海の日」も、本州南岸付近に梅雨前線が停滞するでしょう。前線は、多少、南北に移動する可能性もありますが、九州から関東は、太平洋側の沿岸部を中心に雨が降りそうです。「海の日」ですが、海のレジャーにはあいにくの天気になってしまいそうです。
そして来週も、広い範囲で、曇りや雨の日が続くでしょう。平年ですと、九州や四国でも梅雨明けする頃ですが、来週はまだ傘の出番の日が続きそうです。
その曇りや雨が多い予報にも、終わりが見えてきました。気象庁が11日に発表した1か月予報によりますと、九州から関東は、20日~26日の週には、平年と同様に晴れる日が多くなるでしょう。ただ、梅雨末期は暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。梅雨明けを前にして、「雨の季節」を締めくくる大雨には、十分お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい