九州から関東甲信 今夜~明日 急な雨や雷雨に注意

tenki.jp

8日午後4時30分現在、西日本では山沿いで雨雲が湧いており、今夜は平地も雨の所が増えてきそう。雷を伴い激しく降るおそれも。9日は、雨雲や雷雲の発達しやすいエリアが東へ拡大。

今夜 西日本 激しい雨や雷雨のおそれ

8日午後4時30分現在、九州~近畿にかけて所々で雨雲が発達しています。寒気を伴った気圧の谷が接近し、大気の状態が不安定になっているためです。
これから深夜にかけて、さらに雨の所が増えてくるでしょう。激しく降く降るおそれもあります。暗い時間帯で周囲が確認しづらい上に、ワイパーを速くしても前が見通しにくい状況になる所もありそうです。ドライバーの方、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。

明日 9日(火) 雨雲の湧きやすいエリア拡大

西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になりそうです。
九州から東海、北陸、甲信にかけては、午前も午後も所々で雨や雷雨があるでしょう。降った雨がいったんやんでも、しばらくすると再び降りだす可能性がありますので、雨具を持ち歩いた方が良さそうです。
特に雷雨になる確率が高いのは「岐阜県と長野県」です。道路が川のようになるほど、激しい雨の降る所もあるでしょう。また、落雷や突風が発生したり、ヒョウが降ってくるおそれもあります。黒い雲が近づく、ゴロゴロという雷鳴がきこえてくるといったサインに気を配ってください。
関東も、昼頃からは雨雲が湧きやすくなってきます。南部では、雨は秩父や奥多摩など山沿いに限られそうですが、北部では平地もザッと雨の降る所がありそうです。
この上空の寒気の影響は9日(火)までですが、その先は西から低気圧が近づきます。10日(水)から12日(金)にかけて、ほぼ全国で雨が降るでしょう。さらに、来週にかけても湿った空気や前線の影響を受けやすく、梅雨空の続く所が多い見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック