土日 夏の高気圧 勢力弱めて 冷たい北東風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土日 夏の高気圧 勢力弱めて 冷たい北東風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


6日(土)から7日(日)は、夏の太平洋高気圧は勢力を弱めます。オホーツク海高気圧が北日本まで張り出し、関東や東北に、北東の冷たく湿った空気が流れ込むでしょう。6日(土)、夏の太平洋高気圧は、日本の南で勢力を弱めるでしょう。オホーツク海高気圧が北日本に張り出してきます。オホーツク海高気圧から、冷たく湿った空気が吹き出すでしょう。梅雨前線は、日本の南に停滞する見込みです。
東北の太平洋側や関東では、厚い雲に覆われるでしょう。この雲は、地上から1kmから2km程度の低い雲です。高い山を越えることはなく、東北の日本海側では日差しが届く見込みです。沖縄は、前線の影響で大気の状態が不安定になっています。本島地方では、昼過ぎにかけて、多い所で1時間に40ミリの激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。発達した雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風が吹くことがあります。十分にご注意下さい。
梅雨前線に伴う雨雲は、四国から関東にかけてもかかる見込みです。関東でも、昼頃から雨が降り出だす所があり、夜は雨脚が強まることがあるでしょう。雨雲の動きhttps://tenki.jp/radar/では、15時間後までの雨の予報がみられます。7日(日)にかけて、気圧配置に大きな変化はないでしょう。同じような天気が続く見込みです。
関東の最高気温は、6日、7日ともに平年より低く、5月並みの所が多い予想です。体感は、きのう(5日)と大きく変わりませんが、少しヒンヤリ感じられるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい