九州南部30度超も 熱中症や衛生面に注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部30度超も 熱中症や衛生面に注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


5日、九州では4日に引き続き、日差しの出ている所が多くなっています。最高気温は九州各地で30度前後まで上がりますので、熱中症等への体調管理や、衛生面にお気をつけください。

九州南部 「熱中症」と「衛生管理」に注意

梅雨前線はきのう(4日)から九州の南に下がり、きょう(5日)は前線に伴う雨雲が九州からは遠ざかっています。九州では、雲が多いものの南部を中心に日差しが届いており、きのうから雨の止んでいる所が多くなっています。
土砂の後片付けなど、作業をされる方も多いかと思いますが、注意が必要なのが「暑さ」です。正午までの最高気温は、鹿児島県の指宿市と肝付町前田で30.2度、宮崎県のえびの市加久藤で30.0度など、九州南部では、すでに30度を超えて真夏日となっている所があります。湿度も高く、不快な暑さですので、熱中症に注意してください。また、食品の管理等、衛生面でも十分な注意が必要です。

引き続き土砂災害に警戒を

また、九州南部では引き続き、土砂災害に注意・警戒が必要です。これまでの大量の雨で地盤の緩んでいる場所がまだあり、九州南部で土砂災害の危険度が高い状態が続いています。土砂災害の危険度分布では、黄色の「注意」の表示が宮崎県や鹿児島県に広がり、赤色の「警戒」の表示が鹿児島県の一部に広がっています。
これらの地域では、どこで土砂災害が起こってもおかしくない状況です。過去、雨が止んでから土砂災害が発生した例もありますので、引き続き、山の斜面など危険な場所に近づかないようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい