週間 土曜は関東や東海でも 雨の降り方強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 土曜は関東や東海でも 雨の降り方強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす6日(土)は、梅雨前線は日本の南に停滞。前線上を低気圧が次々に通過する。前線に近い関東や東海、沖縄では激しい雨の降るおそれ。

あすの天気 関東や東海にも 活発な雨雲がかかる

あす6日(土)は、梅雨前線が日本の南に引き続き停滞する見込みです。また、前線上を低気圧が通過するでしょう。低気圧が通過するタイミングで、関東や東海、沖縄、奄美では雨脚が強まる所もありそうです。
沖縄は夕方まで雨や雷雨で、バケツをひっくり返したように激しく降ることもあるでしょう。大雨となるおそれがありますので、土砂災害などに注意が必要です。奄美も午前は雨で、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。落雷や突風にお気をつけください。九州南部も雲が多く、昼頃までは所々に雨雲がかかりそうです。九州南部はこれまでの大雨で、土の中には水分がたっぷり含まれています。引き続き土砂災害にご注意ください。四国、山陽、近畿は、午後に雨の降る所があるでしょう。九州北部や山陰、北陸は日差しがあるでしょう。東海は雨が降ったりやんだりで、関東は昼頃にかけて雨となりそうです。沿岸部ほど活発な雨雲が流れ込みやすく、明け方までは雷が鳴ったり、激しい雨が降る所もあるでしょう。東北や北海道は気圧の谷の影響で雲が多く、所々でにわか雨がありそうです。

あさって以降の天気 九州南部は水曜日から再び雨

あさって7日(日)から8日(月)にかけても、梅雨前線が九州の南岸から本州の南岸に停滞するでしょう。前線上を低気圧が次々に通過する見込みです。特に、関東や東海付近で前線が近づくため、雨脚の強まる所がありそうです。沖縄や九州南部、四国、近畿、東海、関東は雲が広がり、一時的に雨が降るでしょう。雨の降る時間は長くないのですが、ザッと降ることがありそうです。
9日(火)は梅雨前線の活動は、いったんお休みです。ただ、気圧の谷が通過するため、沖縄や九州から東北南部は雲が多く、マークにない所でも雨の降る可能性があります。
10日(水)は梅雨前線が九州付近に延びてくるでしょう。11日(木)にかけて、梅雨前線が西日本から東日本付近に停滞する見込みです。沖縄は晴れ間が戻るでしょう。一方、九州南部は再び雨が降りやすくなりそうです。10日(水)は九州や四国で雨ですが、11日(木)は雨の範囲が広がり、九州から関東や北陸にかけて雨具が必要になりそうです。

沖縄は戻り梅雨 奄美は梅雨明けまだか

沖縄は、すでに梅雨明けしましたが、8日(月)にかけて曇りや雨が続きそうです。戻り梅雨のような状態になるでしょう。
一方、奄美の梅雨明けは平年ですと、6月29日頃です。週間予報を見ますと、10日(水)までぐずついた天気が続く見込みです。奄美の梅雨明けは、もうしばらく先となりそうです。
追記 文章の一部を変更しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい