四国や近畿は夜 東海や関東は木曜朝 非常に激しい雨

tenki.jp

メイン画像 (16:11)tenki.jp

メイン画像 (16:11)tenki.jp
活発な雨雲は東へ。四国から関東は帰宅時やあす朝の通勤通学時にどしゃ降りの所があり、非常に激しく降る所も。 活発な雨雲は東へ あす4日(木)にかけては梅雨前線上に低気圧が発生して、本州を東へ進むでしょう。活発な雨雲は九州だけでなく、四国から関東にも広がります。帰宅時間や、朝の通勤通学の時間に雨のピークが重なる可能性もあります。 中国、四国や近畿の雨 四国はきょう3日夕方からあす4日明け方にかけて発達した雨雲が次々に流れ込みます。断続的に激しい雨や雷雨となり、局地的には非常に激しく降るでしょう。「非常に激しい雨」とは、滝のようにゴーゴーと降る雨で、視界が悪くなるほどです。雨のピークが暗い時間にあたることもあり、車の運転は危険です。中国地方や近畿も今夜は激しい雨が降るでしょう。夜遅くなるほど発達した雨雲がかかりやすく、あす未明から明け方は非常に激しく降る所もありそうです。 東海、北陸、関東の雨 東海や北陸は今夜遅くなると雨脚が強まりそうです。あすの朝にかけては局地的に激しい雨が降るでしょう。朝の通勤通学のラッシュ時に激しい雨が降り、道路が冠水することが考えられます。あすの朝は早めに起きて、雨のようすや交通情報をチェックするとよいでしょう。なお、静岡県では雨のピークがやや遅れて、朝から昼前にかけて非常に激しい雨の降るおそれがあります。関東甲信は、朝から昼頃にかけて雨のピークとなるでしょう。あちらこちらでどしゃ降りの雨となったり、カミナリが鳴ったりしそうです。北部では局地的に激しく降るでしょう。また、沿岸部では南風が強く、横なぐりの雨となりそうです。お出かけの際にずぶ濡れになると、体が冷えてしまいます。タオルなど拭くものや着替えをお持ちになるとよいでしょう。なお、梅雨前線による雨雲の動きには予想にばらつきがあり、今後、雨のピークが変わる可能性があります。最新の情報をご確認ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック