近畿 あす4日にかけて大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿 あす4日にかけて大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


これからあす4日にかけて、梅雨前線の活動が活発になり、近畿地方でも激しい雨の降るおそれがあります。3日午後から4日の朝にかけて、雨の降り方に十分な注意が必要です。

きょう3日午後から近畿地方も次第に雨に

きょう3日は梅雨前線が西日本へ北上し、まとまった雨雲が九州や四国を覆っています。このあと午後は近畿地方にもこの雨雲が次第に広がり、局地的に発達した雨雲が流れ込む見込みです。近畿地方の北部や中部では、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降るおそれがあり、南部では1時間50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。大雨のピークは、きょう3日の夕方からあす4日の朝にかけてで、夜間に避難勧告などの情報が発表される可能性もあります。暗い中、屋外に出るのは危険な場合もありますので、がけや川の近くにお住まいの方、高齢者や身体の不自由な方などは、明るいうちの早めの避難も検討してください。

大雨のピークは4日朝まで。雨がやんでも土砂災害に注意を。

近畿地方では、あす4日の朝にかけて広く雨が降り、その後は雨のやむ所が多くなる見通しです。ただ、南部ではその後も雨の降る時間があり、雨量がさらに増えるおそれがあります。近畿地方では6月27日ごろから断続的に雨が降っています。土の中に含まれた水分が乾ききらないうちに、次の雨が降っている状態で、場所によっては地盤がゆるんでいる可能性もあります。雨がやんでも、土砂災害に引き続き注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい