九州南部 昼過ぎまで激しい雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部 昼過ぎまで激しい雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


2日(火)、九州南部では、昼過ぎにかけて、多い所で1時間に50ミリの滝のような雨が降る恐れがあります。2日(火)、九州南部では、大気の状態が非常に不安定になっています。昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、土砂災害の危険度が非常に高い状態が数日間続く見込みです。厳重警戒を続けて下さい。また、雷雲の下では、竜巻などの激しい突風が吹く恐れもあります。ご注意下さい。
あす3日(水)12時までに予想される降水量は、多い所で、1時間に鹿児島県、宮崎県で50ミリ。24時時間に鹿児島県、宮崎県で150ミリ。
3日(水)12時から4日(木)12時までの24時間降水量は、多い所で、鹿児島県で300ミリ~400ミリ、宮崎県で200ミリ~300ミリ。
その後、更に降水量は多くなる見込みです。
周囲の状況に注意し、雨や雷の音、普段と違う場合は、インターネットなどを使って、避難情報、河川の水位情報を確認するようにしましょう。避難が必要な場合は、速やかに行動に移して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい